『チャイルド・プレイ』

写真拡大

映画『チャイルド・プレイ』の特別映像が公開された。

【動画と画像(3枚)を見る】

7月19日から公開される同作は、青いオーバーオールとボーダーのTシャツを着た人形「チャッキー」が刃物を持って人々に襲い掛かる姿を描いた1988年公開の同名ホラー映画をもとに、最新AI技術を搭載した殺人人形の恐怖を描いた現代版。最新技術が搭載された「バディ人形」のチャッキーを手に入れる少年アンディ役をガブリエル・ベイトマン、アンディの母役をオーブリー・プラザが演じるほか、チャッキーの声をマーク・ハミルが担当している。

特別映像は「ハイテクチャッキー」誕生の裏側を捉えたもの。ガブリエル・ベイトマンが「チャッキーはCGになると思ってた。でも人形が6体もあって動くし顔の表情も変わる」と語る場面や、チャッキーに電子部品を組み込んでいく様子、内部構造、プラスチックの外骨格、フォームラテックスでできた皮膚、取り換え可能な手、目の表情をCGで制作する風景などが映し出されている。チャッキーの操作は操り師3、4人で行なっているという。