HIKAKIN

写真拡大

 10月21日放送の『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』(日本テレビ系)に、人気YouTuberとして知られるHIKAKINが出演し話題となっている。HIKAKINは、同番組の名物企画のひとつ「サイレント図書館」へ登場した。この企画は図書館でカードを引き、当たった人が罰ゲームを受ける。だが図書館のため、あくまでも静かにしなければならないルールだ。HIKAKINは、顔面にバターを塗って犬に舐められるなどの過酷なシーンに登場した。

 これを受け、ネット上では賛否両論が巻き起こっている。「HIKAKINマジで笑ったわ。やっぱりクオリティの高さは一流のバラエティ番組でも通じるんだな」「マジで体張ってるわ。これは尊敬するレベル」といった声が聞こえる。一方で、「『ガキ使』は意外な有名人が出ることはあるけど、HIKAKINはなんか違う気がする」「全然笑えないわ。もうダウンタウン終了のお知らせだな」といった声が聞こえる。

 「『ガキの使い』はコアな視聴者が多いことで知られていますからね。その点からすると、人気者であるHIKAKIN起用による反発は織り込み済みだったといえるでしょう。『ガキの使い』は深夜番組に準ずる時間帯に放送されているため、毒気のある笑いがあったのも確かです。一方で、HIKAKINは小学生にも人気のベターな笑いを追求しています。この双方の価値観のぶつかり合いがアリかナシかで意見が分かれているのでしょう」(芸能ライター) もはや、ネットの影響力は無視できないレベルである。ベクトルは違えども、YouTuberもバラエティ番組に出演するお笑い芸人も「面白さ」を追求していることには変わりない。今後もこうしたコラボが見てみたいものだ。