長友佑都『日本男児』より

写真拡大

 サッカー日本代表の長友佑都(29)と女優・平愛梨(31)の熱愛が発覚して以来、「アモーレ」というワードが各所で使われるようになり、流行語大賞に押す意見が出ている。しかしそれと裏腹に、あまりの連発具合に「もう飽きた」という声も一部で聞こえるようになってきた。

■メディアも芸能人も「アモーレ」連発

 6月3日発売の写真週刊誌『フライデー』(講談社)で平との熱愛をスクープされた長友。記事内では“デキちゃった婚である”と記述されていたが、長友は2日に報道陣に対して直接否定。それでも“愛する人”を意味するイタリア語「アモーレ」を使って「真剣に付き合っています。僕のアモーレです」と宣言した。

 これを受け、ネット上で長友の「アモーレ」発言が拡散。3日のブルガリア戦では、2点目をクロスボールで香川のヘディングシュートを演出した際、観戦に来た平がしっかりと映されるなどして、ファンがSNSで爆発的に盛り上がった。流行語大賞もウワサされ、本人はメディアを通じて「こんなに流行ると思わなかった」と驚いている様子だ。
 
 それ以来、連日にわたって各種メディアや著名人・芸能人が「アモーレ」を連発中。18日のAKB総選挙でも、NMB48の山本彩(22)が「ファンはアモーレ」とスピーチして話題を呼んだ。しかし、一部でこの「アモーレ」に「飽きた」という人も。「しつこい」「何でもかんでも、アモーレといえばウケるというのは勘違い」と批判が出ている。

「SNSが発達した分、情報の拡散力が過去にないほど高まり、消費スピードも早くなっています。オリエンタルラジオの『PERFECT HUMAN』も年始に一気に盛り上がりましたが、YouTubeなどで何回でも視聴できるためか、『聞き飽きた』という声も散見されます」(報道関係者)

「アモーレ」が盛り下がるなか、ベッキー(32)とゲスの極み乙女。ボーカルの川谷絵音(27)の不倫騒動で生まれた造語「センテンススプリング」や「友達で押し通す予定」、21日に都知事を辞職した舛添要一氏(67)が口にした「第三者の厳しい目」などを“真の流行語だ”と押す声も根強い。

 それでも、「アモーレ」騒ぎは止む気配がない。長友は6月16日にSNSで「運動・食事・精神」を事業の柱にする株式会社Cuore(クオーレ)の設立を発表。翌17日の記者会見では「遠距離って本当に大変。好きで会えないのはつらい」などとこぼして報道陣の注目を集めた。20日放送の情報番組『スッキリ!!』(日本テレビ系)のインタビューでも「彼女となら最高の人生が歩める」と発言し、さらに番組サイドから「アモーレ平愛梨クイズ」を出題されて全問正解している。

 一方、肝心の本業は陰りも見える。キリンカップではブルガリアに7-2と大勝したものの、7日のボスニア・ヘルツェゴヴィナ戦ではアラが目立ち、自身が攻めてスペースのできた左サイドを狙われてピンチを招いた。結果、後半25分に槙野智章(29)と懲罰的に途中交代させられている。

 一部サッカー専門メディアが「左の長友が戻り切れていなかった」と指摘するだけではなく、バヒド・ハリルホジッチ監督(63)も「何人かの選手は既に頭の中がバカンスだったのかもしれない」と皮肉り、特に長友についてはプレイが「バカ正直だ」と怒りを露わにしたという。 

 所属するインテルでは2019年6月30日まで契約を延長したばかりだが、チームには長友と同じ左サイドバックや左サイドハーフでプレイするトルコ代表のジャネル・エルキン(27)が新加入。ロベルト・マンチーニ監督(51)はサイドバックの強化を望んでおり、長友は今だに完全な信頼は得られていない様子も見受けられる。

「インテルは中国の蘇寧電器グループに株式の68.55%を譲渡し、事実上、経営権を売り渡しました。チャイナマネーが注入されて、今まで以上に実力のある選手が獲得しやすい環境になりました。エルキン以上の選手が今後続々と移籍してくる可能性は低くありません。これまで何度となく熾烈なポジション争いを勝ち抜いた長友選手も、これから数年は再び正念場を迎えるでしょう」(前出・関係者)

 17日の記者会見で長友は「欧州のトップでやれるだろうなという若い選手は、今のところいない」と辛口だったが、夏のバカンスシーズンが終わったら「アモーレ」騒ぎの反感が強まり、チームでも日本代表でもポジションも奪われる……なんてシナリオを迎えなければよいが。文・佐々木浩司(ささき・こうじ)※1980年群馬県生まれ。スポーツ誌の契約記者を経てフリーに。現在は主に、週刊誌やビジネス誌で活動中。得意分野は芸能、プロ野球、サッカーなど。主な著書に『洗脳のすべて』(宝島社)など。