セブン-イレブンローソンファミリーマート。それぞれコンビニの得意分野は何なのだろう。今回は元コンビニ店長で流通アナリストの渡辺広明さんにお話を伺った。

渡辺広明さん ●流通アナリスト。コンビニエンスストアの店長、スーパーバイザーを経験しバイヤーとして商品開発にも携わる。雑誌やラジオなど各メディアで活躍

「セブン-イレブンは、『金の○○』シリーズの成功でわかるように、おいしさへのこだわりがずば抜けています。味つけが絶妙で人気が高い。ローソンは『マチの健康ステーション』のうたい文句どおり、健康志向の人のための食品が豊富にそろえてあります。なかでも『ブランパン』シリーズは、低糖質で食物繊維たっぷりと、ダイエット中の人に人気ですね。ファミマは、無印良品の小物、カネボウが手がけるコスメmfcシリーズなど、女性が大好きなアイテムがそろっています。ちなみに『おうちエステ』気分が味わえるTBCのMalonシリーズが手に入るのは、コンビニではファミマだけですよ」

コンビニの片隅に置いてある端末、単なるコピー機だと思っていたら大間違い。テーマパークやイベントのチケットが買えたり、家のパソコンで作った文書をネット経由でプリントできたり、toto&BIGなど宝くじの購入もできる。

「例えばセブン-イレブンのマルチコピーでは、スマホアプリ『netprint写真かんたんプリント』を使えば、ファイル預かりサイトに登録した文書や写真をプリントできます。ローソンのLoppiでは、ポンタカードに貯めたポイントを使って、新商品をゲットすることができます」

店頭の端末は、いろいろな使い道がある万能マシンというわけ! さて、ファストフード、スーパーなど、食べ物を安くゲットできる店は数あれど、あえてコンビニで買うとしたら、渡辺さんのオススメは……?

「安くてもおいしいものを食べたいなら、揚げ物とコーヒーはいかが? 100円コーヒーの評判は、すでにご存じの方も多いでしょう。マシンの性能は大手コーヒーチェーンと同等。半額以下の値段で風味豊かな淹れたてコーヒーを味わえます。レジ前に置いてある揚げ物は、ファストフードやスーパーと同様にコンビニも冷凍ものなのですが、コンビニには大量仕入れのおかげで、供給元からいい食材が回ってきています。揚げたてを狙えばかなりおいしいはず」

よい材料を使っている点ではPBのパンにも注目。