都内で3店舗を展開する男性眉毛サロン「プラスエイト」は連日予約困難な状態

写真拡大

 経産省の「生産動態統計年報」によると男性用化粧品の出荷額は約10年間で約2倍にまで増加したという。20〜30代をターゲット層にする男性ファッション雑誌『smart』では美容企画の連載をはじめるなど、男性美容市場が拡大していることがわかる。

「今の10〜20代にとって美容に気を使うのは、髭を剃るのと同じ感覚なんですよ」

 そう言い切るのは美容ジャーナリストの加藤智一氏だ。肌のケアから眉毛のトリミングまで男性が美容に気を使うのは、いまや当然の風潮があるのだという。

「最近ではアラフォーやアラフィフ世代までもが美容に興味を持つようになっています。これまでは髪を整えて、清潔にしてさえいれば許されていましたが、最近では出世の要素に“美”が含まれるようになったのが意識改革のきっかけになったのかもしれません」

 欧米諸国ではメタボなどの自己管理のできていないビジネスマンが低い評価を受けるのが有名な話だ。日本もその風潮がやって来たということだろう。

「例えば、企業の社長がプレゼンの場で疲れた顔をしていただけで、株価に悪影響があると言われています。そのためレーザーでシミを取ったり、歯並びの矯正にホワイトニングなどを実践しています。そんなビジネスマンの姿を追ってアラサーが美容に気を使いはじめたのです」

 とはいうものの、ファッション誌を読まなくなって久しい30代男性はどこをどう改善すればいいのかがわからない。そこで手っ取り早く雰囲気を変える方法として眉毛のトリミングが注目を浴びた。

「もともと、彼らの世代では細眉が流行った時期があったんです。さらに10年前に『メタボ』という言葉が流行語大賞にノミネートされたのもあり、体型や清潔感などグルーミング意識が高めの世代だったというのがあります。見た目を整える男性がさざ波のように普及して、自分もやらなければと思いはじめたのでしょう」

 現在、都内の眉毛専門サロンは予約3か月待ちになるほど人気を集めているという実態もある。

「約7年前に韓流ブームが起きたことで日本の男性美容も韓流風のナチュラル感を取り入れるようになったんです。資生堂の広告でも妻夫木聡や瑛太など中性的な男性が起用されるようになりました。そのトレンドとともに印象の変化が顕著に出る眉毛スタイリングに注目がいった。アラサーの影響を受けたアラフォーたちも徐々にサロンへ通うようになっています」

イケメンの主流は “東京五輪系”に移行!?

 美意識の平均レベルが上がり、男性美容は加速の一途を辿る。

「SNSの普及で一般人のイケメンがどんどん表舞台に出てきました。『負けられない』からと自分磨きをする意識が男性にもあらわれて、イケメンの多様化が起きはじめたんです。菅田将暉のような昭和風のイケメンからユースケデビルのような女性的なイケメンまでいる。これからは自分をどのポジションに設定して近づけていくかが重要になるでしょう」

 30代以降は急激に代謝が落ちてくるため、アンチエイジングも重要になってくる。

「化粧水をつけるだけで1か月、早い人だと1週間で明らかに肌の調子が改善される。男女兼用のシェアードコスメなども人気が出ているのでうまく活用したいですね」

 もっとわかりやすい指標はないのだろうか。

「比較的、福山雅治や木村拓哉などの“オシャレ系”を目指すよりもスポーツ選手などの硬派を目指すほうが実現しやすい。ライザップなどでボディメイクをする風潮もまさにそちら側。男性が男性的なイケメンを目指すのは自然な流れですし、運動をすれば肌の代謝も良くなるので精悍な顔になりやすいからです。東京五輪に向けて、間違いなくスポーティなメンズがトレンドになると予測されている。今のうちから実践するといいのではないでしょうか」

 目指すは“東京五輪系”か。

【加藤智一氏】
美容ジャーナリスト。あらゆる美容情報に精通し、女性向けのみならず、男性向け媒体でも活動中。