イギリスの病院で、切断されてから23時間後に吻合された男性器の再建手術が成功した。男性は自ら局部を切断しており、受傷から吻合までの経過時間としてはこれまでで最長のケースとして注目されている。英バーミンガムのクイーン・エリザベス病院で、自分で局部を切断した男性の性器再建手術が行われ、約6週間後には勃起機能が回復していたことが症例報告サイト『BMJ Case Reports』で明らかにされた。男性は34歳で、受傷から吻合