イタリアの首都ローマにあるサン・ジョバンニ・イン・ラテラノ大聖堂で、会議の出席者を祝福するローマ・カトリック教会のフランシスコ法王(右、2019年5月9日撮影)。(c)Andreas SOLARO / AFPAFPBB News

ローマ法王、性的虐待の通報を聖職者に義務化 相次ぐ性的暴行受け

ざっくり言うと

  • 聖職者による性的暴行が次々に発覚し、ローマ法王は9日に新教令を発表した
  • 教会内での性的虐待を知った場合、通報することを聖職者に義務付けるもの
  • これにより、多くの虐待事例が新たに明らかにされる可能性がある

ランキング