「チームは少し疲れている。それは明らかだ。心身両面での回復が重要となる。ただでさえ難しい試合だ。こういうコンディションでは、さらに難しくなる。インテルにはたくさんの、本当にたくさんの素晴らしい選手たちがいるからね」

「エルナネスは2000万ユーロ(約28億円)だった。私はトッププレーヤーだと思う。経験とテクニックをもたらせる完成された選手だ。強い選手だよ。(ワルテル・)マッツァーリ監督? 彼とはまったく問題ないよ」

フィオレンティーナは15日のセリエA第24節で、インテルをホームに迎える。ヴィンチェンツォ・モンテッラ監督は試合を前にこう話した。コッパ・イタリア決勝進出を決めたフィオレンティーナは、多くの試合をこなしているところだ。

「明日はコッパ・イタリアとは違う。我々は心身ともに万全のコンディションではないが、プラスの何かを出していかなければいけない。(決勝進出による)熱狂もコントロールしなければいけないよ。喜びすぎて、ひいてはごう慢になってしまうからだ」

「明日の試合も大きく苦しむことになるだろう。インテルの選手たちは強く、監督は昨季2位になった人物だ。魅力的な、そして同時に難しい試合になる要素はそろっている」

前回の対戦では、フィオレンティーナが良い試合をしたものの、インテルに1−2と逆転負けしている。

「そのときとは違う試合になるだろう。2つのミスから彼らに2ゴールを決められたということは、彼らのクオリティーを示している。ハイレベルな選手たちがいるということだ。それから、(フィオレンティーナが4−1で勝利した)昨季の対戦ともまた異なるはずだよ」

フィオレンティーナはFWマリオ・ゴメスが出場するかもしれない。「彼は練習している。意欲と情熱があるよ。だが、フィジカルコンディションは違う。それは仕方がないことだ。それでも、プレーするのにベストコンディションとなるのを待つことはできない」