adidasプレデター新作発売、槙野智章選手「歴代モデルで一番かっこいい!」

写真拡大

アディダス ジャパンは6月1日、最新スパイク「プレデター リーサル ゾーン」を発売する。

これに先駆け、東京・台場のZepp東京で製品発表会も行われ、現役6選手同スパイクを着用して登場した。

「一瞬を逃さず、プレーヤーのボールスキルを最大限に引き出す」をコンセプトに開発された同スパイク。

アッパーに搭載された「必殺5ゾーン」(ドリブルゾーン、ファーストタッチゾーン、スイートスポットゾーン、ドライブゾーン、パスゾーン)により、ゲームのあらゆる局面で正確なボールスキルをサポートするという。

アッパーの素材には天然皮革と人工皮革の長所を兼ね備えた「ハイブリッドシンセティックレザー」を使用。

「必殺5ゾーン」には新開発の「プレデターSLラバー」を、アウトソールには「スプリントフレーム」を採用して軽量性も高めた。

Zepp東京で行われた製品発表会に登場した現役選手は、槙野智章選手(浦和)、藤本淳吾選手(名古屋)、扇原貴宏選手(C大阪)、梶山陽平選手(FC東京)、小島秀仁選手(浦和)、鈴木大輔選手(新潟)。

6選手は会場に用意された5つのアトラクション「必殺5ゾーンチャレンジ」に挑戦した。

動くドラム缶にタイミングを合わせてスルーパスを通す「必殺ドラム缶スルーパス」では、小島選手、梶山選手、扇原選手がともに1発で成功。

「必殺UFO追撃クロス」(フリーキックのイメージで障害物の向こうのUFOを撃墜させるアトラクション)では槙野選手が成功し、思わずガッツポーズを決める場面も。

続いて藤本選手も成功させた。

「小学6年生の頃からプレデターを履いていますが、その中でもこのスパイクが一番かっこいい」と、槙野選手は「プレデター リーサル ゾーン」を絶賛。

「6月のワールドカップ最終予選など、大事な試合ではこれを履いて、すべてをかけて戦っていきたい。

『必殺5ゾーン』という特別なテクノロジーを持つこのスパイクとともに、パス、ドリブル、トラップなど僕自身のボールスキルも成長していけるようがんばります」と今後に向けての意気込みを語った。最新スパイクの商品ラインナップと価格は、ソフトグラウンド対応「プレデター リーサル ゾーン TRX SG」が2万2,050円、ファームグラウンド対応「プレデター リーサル ゾーン TRX FG」が2万1,000円、日本人プレーヤーに適した仕様の「プレデター リーサル ゾーン ジャパン TRX HG」が1万9,950円。