控訴審で懲役4年判決の新井浩文被告 被害女性の怒りは相当か

ざっくり言うと

  • 新井浩文被告が控訴審で懲役4年が言い渡された件を、東スポが報じた
  • 懲役3年以下だと執行猶予が付く可能性があるが、被害者との和解が絶対条件
  • 被害女性の怒りは相当で、かねて実刑判決を望んでいたと法曹関係者は語った

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x