人生を悟った小学生…?席替えについての大人びた発言がTwitterで大反響 投稿者「もっと席替えを楽しみなよ!」

写真拡大 (全2枚)

 学生時代のビッグイベントの1つである"席替え"。仲良しの友達や好きな人と近い席になるかドキドキした経験を持つ人も多いはず。そんな"席替え"についての小学生の大人びた発言がTwitterで話題となっている。

 漫画家のうえはらけいた(@ueharakeita)さんは10月12日、「さっきすれ違った小2くらいの男の子が、めちゃくちゃ渋い顔で『正直俺にも、どうなっちまうのかわかんねえよ……席替えってそういうもんだろ』って言ってた。おはようございます。」とツイート。

 この投稿は「子供には子供の戦いが、ある」「席替えに命かける勢いだったあの頃懐かしい」「席替えという言葉にロマンを感じます。」などのコメントと共に19万を超えるいいねを集める大反響となった。

▶映像:"大人びた発言をする子ども"についてコメンテーターの見解は?

 ABEMAヒルズが投稿者に話を聞いたところ、「仕事が辛い時なんかに『小学校時代からもう1回やり直したいなぁ…」と思ったりするんですが小学生は小学生で悩みがあるんだ!…と、ハっとさせられました』とコメント。さらに、投稿者は毎月やってほしいと思っていたくらい席替えが大好きだったそうで、この発言をした小学生には「もっと席替えを楽しみなよ!」と声をかけてあげたいと話した。

 MCの田中萌アナウンサーは「人生を小2ながらに悟ったような発言ですね」とコメント。さらに、コメンテーターでプロデューサーの若新雄純氏は「僕は色々画策して好きな女の子の隣になるようにしていました。まず班ごとに分かれて、班の中の席は自由だったんです。なので、好きな女の子がいる班のメンバーに近くなるように頼んだりしましたよ」と席替えの思い出を明かすと「小学生の中にも、物の見方が大人びた人っているじゃないですか。大人に子供っぽくないこと言うなと言われるかもしれませんが、本当は世の中のことを面白く考察している子もいると思うので、こういった発言集があれば面白いなと思います」と話した。

(ABEMA/「ABEMAヒルズ」より)