TOKIO長瀬の独立説、裏に音楽への渇望が?(写真/アフロ)

写真拡大

 清々しい顔で中居正広(47才)がジャニーズ事務所からの独立を表明した2月21日の午前、対照的に険しい表情で都内のマンションに入っていった人物がいる。TOKIOの長瀬智也(41才)だ。顔の半分がマスクで覆われていても厳しい視線が見て取れる。自ら運転する車を降りると、長身を丸めるようにして足早に去っていった。

「長瀬さんは最近、『俺は、いつになるんだ…』『俺も続きたい…』と親しい人にこぼしています。気持ちが限界に近づいているのでしょう」(長瀬の知人)

 中居の退所をきっかけに、長瀬の独立も一部報道で取り沙汰されている。

「過去にも何度か報じられていますが、『デマ』だと笑い飛ばせないのは、長瀬さんが苦しんでいるのが事実だから。音楽活動が再開できていない現状にかなりの不満と苦しさを募らせている。長瀬さんはかねてから、自分の主軸はバンドであると主張していて、ドラマやバラエティーに力を入れながらも、軸足は音楽に置いていました。

 長瀬さんの音楽への意欲が人一倍強いのはメンバー誰しもが認めるところ。自宅でもギターを毎日弾くなど、とにかく音楽に対して真摯な人です。TOKIOが音楽活動を自粛しなければいけない状況はわかりながらも、あれから1年以上が経ったいまもまったく見通しが立たない状態に『ファンの前で歌い続けるためには退所するしかないのではないか』ということまで考えが及んでしまったんでしょう。『いつになるんだ』というのは歌手活動なのか、退所なのか本人も葛藤の中にいると思います」(前出・長瀬の知人)

 2018年5月の山口達也(48才)の脱退から間もなく2年になる。TOKIO愛が強い長瀬は「代わりのベーシストを招くつもりはない」と周囲に話す一方で、バンド活動ができないストレスと闘ってきた。

 昨年12月には本誌・女性セブンが報じたように、渋谷のイベントスペースでDJプレーを披露したのも、音楽への渇望だろう。

「俳優としての評価も高く、いまもドラマや映画に関しては数多のオファーがあります。来春にもかなり話題になりそうな連ドラの主演も確定している。ただ本人はそれ以降のドラマの仕事は断りたいという意思も見せています。ドラマも好きだけれど、音楽の仕事をやらせてもらえないなら、それなりの覚悟があるということでしょう。来年の4月には、何らかの動きがあるかもしれません」(テレビ局関係者)

 今年に入り、新しいグループ・SixTONESとSnow Manのデビューがあり、木村拓哉のソロライブも話題になった。長瀬としては羨望の気持ちがないはずがないだろう。

「長瀬さんは本当に性格がいいかたです。仲間思いで仁義にも厚い。ジャニーズ事務所に対しても強い思いがある。それでも切羽詰まってしまい、退所の噂が出たんでしょう。タイミング悪く、昨年、今年の初めと事務所がバタバタしていたということもあったかもしれません。人間関係でもめているわけではなく、理由はハッキリしているだけに、音楽活動が再開できれば問題は解決できるはず。長瀬さんを周囲も一丸となって支えようという気持ちです」(芸能関係者)

 長瀬の音楽への情熱はどうやって発露されるのだろうか。早く、その声を聞きたい。

※女性セブン2020年3月12日号