<?php the_title_rss(); ?>

写真拡大 (全2枚)

株式会社NTTドコモは、車の移動時間における新たな楽しみ方の創出を目的として、ドコモの高速データ通信を定額で制限なく利用できる車内向けインターネット接続サービス「docomo in Car Connect」を2019年9月10日(火)より提供開始すると発表した。
同サービスの対応機器はパートナー企業から提供される予定で、サービス開始当初は日産自動車株式会社が2019年秋に発売予定の新型「スカイライン」、パイオニア株式会社が2019年秋以降に発売予定の市販向けカーエレクトロニクス製品購入者が利用できる。
また、利用者がドコモの回線契約を持っていない場合でも、dアカウントがあれば誰でも同サービスの利用が可能だ。
なお、「スカイライン」でサービスを利用する場合は、日産が提供する「NissaConnect」サービスへの加入が必要となる。

日産ホームページ(コネクテッドカーサービス) :
https://www.nissan.co.jp/BRAND/INTEGRATION/

●「docomo in Car Connect」の概要
移動中の車内においてLTEの高速データ通信をWi-Fi®を用いて利用できる車内向けインターネット接続サービスで、用途に合わせて、1日500円、30日1,500円、365日12,000円の3つの利用期間から選択可能。データ通信量の上限や利用可能データ量超過による通信速度制限などを気にすることなく、動画や音楽、オンラインゲームなどデータ通信量の多いコンテンツを手軽に安心して楽しむことができる。

(ロボスタ編集部)