“キュウリ味のスプライト”発売され話題に

写真拡大

“キュウリ味のスプライト”が、英国で発売された。

最近熱波に襲われた英国では、コカ・コーラ社がレモンとライムにキュウリ風味を加えた味と、砂糖不使用のキュウリ味という新たなフレーバーを発売し、話題を呼んでいる。

英コカ・コーラ社は今回の一風変わったフレーバーについて次のようにコメントしている。

「スプライトのノンシュガーキュウリ味は、暑くなった時に人々が求める爽快でパンチの効いたフレーバーからヒントを得ました」
「夏に向けて、冷たくして飲むと、通常のノンシュガーのスプライトと同様のさわやかな柑橘系の風味にクセになるキュウリの味がほのかに感じられる仕上がりになっています」

なお、“キュウリ味のスプライト”は昨年4月に、英国に先駆けてロシアで発売されている。