遺伝子操作したミニブタがペットとして発売の動き 専門家が非難

ざっくり言うと

  • 中国の研究機関が遺伝子操作で生み出したミニブタを販売するという
  • 専門家は医療の研究目的から離れたペット化を批判している
  • あくまで営利目的ではなく、販売で得られた利益は研究に再投入するとのこと

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x