坂上忍

写真拡大

28日放送のお昼のトーク番組「ごきげんよう」(フジテレビ系)に坂上忍が出演した。同局の月曜日に坂上が司会を務める「バイキング」で、共演する野々村真の意見に爆笑しながらも仕事に対する姿勢を語った。

この日の放送では、坂上がバイキングの収録終わりにごきげんようの収録現場に駆けつけ、ゲスト出演をした。

1回目のサイコロトークでは、クイズ形式のトークとなり、「『バイキング』の司会として1ヶ月が過ぎてスゴイなぁと思ったところ。」を、野々村にあらかじめアンケート。それに対する答えを紹介した。

1つ目の答えは「思ったことをズバズバ言っちゃうところ。」、2つ目の答えはクイズ形式で坂上は「遅刻しないところ」と答えたが、結果は「“月曜レギュラー”の出演者達と仲良くなろうとしないところ」だった。

この回答が紹介されると、坂上は手を叩いて爆笑した。司会の小堺一機は「(共演者との関係が)なぁなぁになっちゃいけない」とフォローするように話すと坂上は「基本的にお付き合いするのはスタッフさんとなんですよ」と続けた。

カラテカの入江慎也が、「みんなで決起集会みたいなのはやらないんですか」と訊くと「気持ち悪いじゃんそんなもの。だから何にも事前に話さないで、顔も合わせないで、それで本番でパッて、顔を見たほうが」と、説明した。

すると東ちづるが「なるほどね。ドラマでも、そんなに仲良くなろうとしないもんね」「(コミュニケーションは)取るけどなんかそんなにガツンみたいなのはない」と、坂上が俳優として現場入りするドラマの収録でも共演者との距離を置いている様子を証言した。

これを聞いた小堺は「役もあるんじゃないの?仲良くなっちゃうとそういうのが出ちゃうからねー」と言うと坂上は「はい。はい」とうなずいていた。


【関連記事】
マツコ・デラックスや映画監督大根仁氏が絶賛する「バイキング」月曜日 サンドウィッチマンの「日本全国地引き網クッキング」コーナー
眞鍋かをり「押し問答になっちゃって、手首掴まれて、結構大変だったんです」 「坂上忍の成長マン」で一人旅での恐怖体験を語る
坂上忍のマジトークに出演者もあ然 「ロンハーSP」で、青木さやかを一喝する「理不尽なキレ芸」を披露