2010年1月、ブログ「21世紀中国ニュース」は、中国ロボットアニメ「アストロプラン」を取り上げた。日本の有名作品に酷似しているとして、日中両国のネットユーザーの話題となっている。写真はクレヨンしんちゃんをパクったとして話題になった大口のドゥドゥ。<url name="【その他の写真】" url="http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=38823">

写真拡大

2010年1月、レコードチャイナのライターによる個人ブログ「21世紀中国ニュース」は、間もなく中国で放送が始まるロボットアニメ「アストロプラン」を取り上げた。日本の有名作品にあまりにも酷似しているとして、日中両国のネットユーザーの話題となっている。

以下は同ブログから。

【その他の写真】

2010年1月、天極網は、間もなく放映が始まる中国アニメ「星原戦記(アストロプラン)」が日本の人気テレビアニメ「マクロス」に酷似していると報じた。

「アストロプラン」は今月15日より湖南テレビで放映が始まる中国製ロボットアニメ。地球環境の悪化から人類は大規模な宇宙移民計画「星原計画」を発動、その移民船と宇宙の資源略奪者である伊克斯星人との戦いを描く。現在、動画共有サイトで予告編が視聴可能だが、あまりにも「マクロス」そっくりの映像が話題となっている。

日本アニメをパクった中国製アニメといえば、昨年は「クレヨンしんちゃん」とよく似た「大口のドゥドゥ」、「秒速5センチメートル」と酷似した「心霊の窓」が論議を呼んだ。天極網は昨年の2作品に続き、「ついに我々は自分たちの『マクロス』を手に入れた」と皮肉っている。ユーザーが編集するオンライン辞書・百度百科には早くも「アストロプラン」の項目が登場。「中国初のSFアニメ(某作品に敬意を表した同人作品)」と辛らつな表記となっている。

中国製最新パクリアニメの情報は日本のブログに転載されたほか、日本の大手動画共有サイトでもデモ版がアップされている。わずか2分弱の映像だが、マクロスだけではなくダンクーガやガンダムなど多くの日本ロボットアニメからのパクリ表現が指摘されている。中国のアニメファンも日本同様、更なる元ネタ捜しに余念がないもよう。検証しようと初放送を待つ人も少なくないようだ。(筆者:chinanews)

■「21世紀中国ニュース」は中国在住経験を持つ翻訳者によるブログ。サッカーなど中国のスポーツから社会事情、事件、流行など幅広く紹介している。FC2ブログに掲載。

【関連記事】
国営テレビ局放映の“感動大作”アニメ、実は日本作品の丸パクリ―中国
「クレヨンしんちゃん」のパクリでは?07年放映の“純国産”アニメに疑惑続々―中国
中国で商標権登録を怠った本家が悪い!「パクリ版ロールスロイス」の製造元、何ら問題なしと主張―中国
TWINSジリアン復帰作は「犬夜叉」の“パクリ”!高橋留美子ファンが激怒―中国
「パクリ」撲滅できない国産アニメ、コピー元の標的は日本製!=主因は製作コスト削減―中国