野生のシカ(2019年2月1日撮影、資料写真)。(c)Romeo GACAD / AFP

写真拡大

【AFP=時事】オーストラリア・ビクトリア(Victoria)州で17日、ペットのシカに襲われて男性が死亡し、女性も重体となっている。警察が明らかにした。

 17日早朝、緊急対応当局が通報を受け同州の奥地にあった民家に到着すると、大量に出血した男女2人(共に46歳)を発見した。

 警察によると、男性は現場で死亡、女性は致命傷を負いメルボルンの病院に空中搬送され重体となっている。

 豪公共放送ABCによれば、男性はペットのシカに餌を与えようとした際に襲われ、男性の妻は夫を救出しようとして負傷した。10代の息子がシカを木の塊でたたいて母親を助けた。シカは雄で、6年前から飼育されていたという。

 

 警察によると「現場にいた救急医療隊員の安全を懸念し」シカは殺された。

 全豪鹿協会(ADA)は、シカが人を襲うのは珍しいとし、「全くないわけではないが、飼われたシカが人間を襲うのはまれであり、特に秋の交尾時期では珍しい」と述べた。

【翻訳編集】AFPBB News