iTunesサイトより

写真拡大

手持ちのレシートを現金化できるスマートフォンアプリ「ONE(ワン)」が、大人気のあまりハプニングが起きた。

2018年6月12日の配信開始後に利用者が殺到。まもなくしてサービスを一時停止する事態となっている。

開始16時間で24万枚超のレシート買い取るも...

同アプリは、現役高校生の山内奏人氏が社長を務めるベンチャー企業「ワンファイナンシャル」(東京都港区)が開発した。

まず、SMS(ショートメッセージサービス)認証でアカウントを登録。その後レシートを撮影して送信すると、1枚10円で買い取られ、指定の口座に振り込まれる。

ユーザーは1日10枚まで換金が可能だ。出金時には免許証などでの本人確認が必要で、手数料200円がかかる。

リリースからしばらくして山内社長はツイッターで、

「現在、サービス開始から約16時間経っており(中略)約8.5万ダウンロード、約7万人のユーザー様から24.54万枚のレシートを買い取らせていただきました」

と報告。利用者が殺到しているためか、「現在一時的にサービスを停止させていただいております」とも報告し、13日17時現在もサービスは停止中だ。

アプリの公式アカウントでは、

「想像を超える多くのユーザーの方々にご登録いただいており、本人確認完了まで最長1ヶ月ほど掛かる見込みです」

とも。換金化できてもすぐには出金できないようだ。

「新しいマーケティングツールに」

レシート現金化アプリで、ワンファイナンシャルはどんなビジネスモデルを目指しているのか。

ニュースサイト「THE BRIDGE」の6月12日付記事で、山内社長は

「どこでどういう広告を打ったらいいかを検討できる材料にするなど、新しいマーケティングツールにしていけたらいいと考えた」

と話している。

つまり、「Tポイントカード」や「Pontaカード」のように消費者の購買情報を取得し、企業向けに販売して利益を上げるというわけだ。企業は「自社商品は20代女性に人気」「○○と○○は一緒に購入されやすい」といったデータが入手でき、新商品開発や販売促進に生かせる。

消費者のレシートを活用したサービスはすでに他社が先行しており、「レシポ!」「CASH☆BACK」「receipo」といったアプリがある。

ただし、いずれも(1)対象商品が含まれたレシートのみ、(2)還元はポイント(現金への交換も可能)と、「ONE」に比べて利便性は劣る印象だ。