有吉弘行

写真拡大

1月31日放送の「マツコ&有吉 かりそめ天国」(テレビ朝日系)で、お笑いタレントの有吉弘行が、過去に一部報道で「木村拓哉にぶん殴られた」という記事を書かれたことに言及した。

番組では、コラムニストのマツコ・デラックスが週刊誌報道を巡るエピソードを語った。なんでも、ある週刊誌に「マネジャーをイジめている」と報じられたというのだ。マツコによると、「芸能人のマネジャーはブラック」というテーマで、マネジャーをイジめていそうな芸能人のエピソードをまとめた特集だったとか。

自身以外はイジめていそうで、「私だけウソ」と強く否定して笑いを誘っていたマツコだが、一方で有吉も、納得のいかない週刊誌報道があったようだ。

有吉は「俺、『木村拓哉にぶん殴られた』って、昔から(週刊誌に)書いてあるけどね」「『あだ名付けたときにぶん殴られた』みたいな」と、かつて元SMAPの木村拓哉に毒舌のあだ名を付けた際、木村に殴られたという記事があったことを説明した。

その上で「そんなわけねぇだろ! どんな修羅場なんだよ!?」「どんな現場!? あだ名付けてぶん殴られるって」「どんな暴走族なの?」と記事へのツッコミを連発する有吉は「もう何年も言われている」と訴えたのだった。

なお、ネット上では、2010年に有吉が「SMAP×SMAP」(フジテレビ系)に出演した際、木村に「月9バカ」というあだ名を付け、怒った木村が楽屋裏で有吉を説教したという記事が、現在も存在している。

一方で、当時の木村が自身のラジオ番組で、そのことについて否定していたという記事も存在している。

【関連記事】
「煎じて垢を飲みたいぐらい」斎藤工 座長・キムタクへの尊敬を語る
木村拓哉への嫉妬を10代目松本幸四郎が告白「こだわりにやられた」
キムタク 「新しい地図」映画監督の太田光に「がんばれよ」