西野亮廣(キングコング)

写真拡大

23日、キングコング西野亮廣が自身のFacebookで、コンテンツの無料公開についての持論を綴った。

大ヒット漫画「ワンピース」の1巻から60巻が22日より、8月4日まで無料公開されている。西野はこのニュースを取り上げ、「当然の流れだと思う」「こうなることは見えていたじゃないか」と言う。

西野は、1月19日に自身の絵本「えんとつ町のプペル」をインターネット上で無料公開したとき「『価値のあるものを無料にしてはいけない!』」と日本中から批判された」と振り返る。

批判してきた人の中には声優もいたとし、西野は「ご自身が携わる作品が、無料公開する可能性が高確率であるので、無料公開の批判は将来の自分の首を絞めることになるから辞めた方がいい」と助言したが、届かなかったと綴っている。

「ワンピース」が期間限定とはいえ無料公開に及んだことに、西野は「半年前のあの日、大声で無料公開を批判した人達は、これからどうするんだろ?」「今、かなり身動きがとりにくくなっていると思う」と語り、自身の行為に対して反対した人々の胸中を想像している。



【関連記事】
西野亮廣が自身の芸人論に言及「芸人は『肩書き・職業』ではなく、『生き方・姿勢』」
キングコング・西野亮廣が「テレビ見てない私」アピールを一刀両断
西野亮廣が「芸能界の奴隷契約」に持論「やれることがあるんじゃないか?」