日村勇紀が歯のインプラント治療費を告白「総額500万円」

写真拡大

26日放送の「モシモノふたり」(フジテレビ系)で、バナナマン日村勇紀が、歯のインプラント治療にかけた高額費用を明かした。

番組では「美のカリスマ」として女優の武田久美子を紹介した。武田は年に6回、自宅のあるサンディエゴから来日し「美のメンテナンス」の一環として10代から通う歯科クリニックに足を運び、歯のクリーニングと噛み合わせ調整を受けているとか。

スタジオではMCの設楽統が武田に関連して、歯に対する美意識について出演者にコメントを求める。すると日村が自らの白い前歯を指差して「全部インプラントですから」と、上の歯全てと下奥歯がインプラントだと打ち明けた。

設楽が元歯に被せる陶器セラミックとは異なり、歯の根元から土台を埋め込むインプラントでは価格が桁外れだと指摘すると、日村は歯にかけた治療費が「総額500万円」だと明かし、スタジオを驚愕させたのだった。

なお設楽によると、日村のインプラント治療は別段、美意識からくるものではないらしく、「歯が自然に抜け落ちたから」と伝えており、日村もそれを認め「そう」と笑顔で白い前歯を見せていた。

【関連記事】
バナナマン・設楽統 「感謝祭」での土屋太鳳激走の舞台裏に推測
バナナマン・日村勇紀 腫瘍と鼻の軟骨除去の手術を受けたと告白
設楽統がKOCでの審査に本音吐露「松本(人志)さんとの開きが一番怖い」