吸って吐くだけ呼吸ダイエット!?ズボラさんに嬉しいやせ体質をつくる呼吸

写真拡大

ダイエットを決意したのに結果が出なくて挫折したこと、女性なら一度は経験ありますよね。簡単にやせるのは難しいかもしれませんが、ちょっと「呼吸」を意識するだけで、やせやすい体質になれちゃうんです!

明日からできる呼吸法ダイエットをご紹介いたします。

■■呼吸法で体質が変わる

あなたは自分の呼吸を意識したことがありますか?呼吸法が変わると体質が変わって、やせやすくなります。それが、呼吸法ダイエット。

脂肪燃焼には酸素が不可欠で、酸素を体に多く取り入れることで脂肪燃焼効果が上がります。呼吸法ダイエットは、深くゆっくりと呼吸を行い、多くの酸素を体に取り入れる簡単なダイエット法。場所を選ばずにできるから、どうしてもダイエットを続けられないという人にもおすすめです。

■■呼吸法を変えるメリット

呼吸法ダイエットには、どんなメリットがあるのでしょうか。

まずインナーマッスルがきたえられます。その結果、新陳代謝が上がって脂肪燃焼がうながされるほか、内臓が正しい位置に戻ります。骨盤の開きや筋肉のおとろえにより支えきれなくなった内臓は、ぽっこりお腹の原因になります。

でもインナーマッスルをきたえることで、内臓が支えられるようになるのです。腸がむくんで便秘になっていた人も、内臓が元に戻ることで便秘解消につながりますよ。

深い呼吸によって全身に血がめぐることで、冷え性の改善効果や精神的なリラックス効果も期待できます。

■■腹式呼吸

呼吸法ダイエットに効果的な腹式呼吸のやり方をご紹介します。まずあお向けになり、自分のお腹の動きが分かるようにお腹に手をあててリラックスしましょう。軽く鼻から息を吸った後、10秒かけて息を吐きます。体中の空気を全部出しきりましょう。

次に、新鮮な空気を体に取り込む気持ちで、鼻から息を5秒かけて吸いながらお腹をふくらませます。お腹の中の風船がふくらんでいくイメージでやってみましょう。

吸った状態で5秒キープしたら、お腹をへこませながら10秒かけて鼻から息を吐ききってください。風船がしぼんでいくイメージで体の中の空気をすべて吐き出します。ポイントは、息を吐き出すときにお腹やお尻に力を入れること。なれたら立ち姿勢で行ったり、キープする時間や吐き出す時間を少しずつ伸ばしたりしてください。

■■ドローインダイエット

出典:pinterest

息を吸うときも吐くときもお腹をへこませることで、腹圧をかけるドローインダイエットのやり方をご紹介します。

まずは、息を5秒かけて吸いながらお腹の丹田(おへその5〜10cmほど下の部位)をへこませましょう。次に15秒ほどかけて息を吐きながら、お腹をへこませます。吐ききった後も、その状態を10秒ほどキープ。

このセットを1日10回行ってください。なれてきたら吸う時間と吐く時間を徐々に伸ばし、15秒かけて吸い30秒かけて吐ききれるようになるまで、がんばりましょう。。お腹だけでなくお尻にも力を入れて行うと、骨盤のゆがみ改善にも効果的ですよ。

■■呼吸法ダイエットでやせやすく

呼吸法ダイエットだけではすぐに大きな体重の変化はありません。どんな場所でも簡単にできる呼吸法ダイエットを上手に取り入れ、やせやすい体づくりから始めてみませんか。(cherryful/ライター)

(ハウコレ編集部)