10日、韓国メディアによると、交際相手から暴力を受ける「デートDV」が問題となっている韓国で、ある大学の授業が話題となっている。これについて、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。資料写真。

写真拡大

2016年3月10日、韓国・SBSによると、交際相手から暴力を受ける「デートDV」が問題となっている韓国で、ある大学の授業が話題となっている。

韓国ソウルの東国大学で最も人気の高い講義「結婚と家族」は、恋愛や結婚を理論的に学ぶのではなく、実際に体験するというのが特徴。授業時間には自身の恋愛体験を共有し、真剣に恋愛の悩みを話し合う。そして、1カ月に1度は受講生同士でペアを作り、恋愛体験をしなければならない。本格的なデートをするため、課外授業も行われる。映画のチケットなど、さまざまな「デートアイテム」を得るため、宝探しゲームなどで競い合う。「新ソウルタワーでデートをする」「費用0円でデートをする」など、変わった宿題が出されるという。学生らはデート中に深い話を語り合い、感想をレポートにまとめて提出しなければならない。宿題を通して、異性に対する理解を深めるのだという。

受講生からは「元交際相手からのストーカー被害に遭い、男性に対して恐怖心を抱いていたが、また恋愛をしてみたくなった」「彼女とうまくいっていなかったが、お互いの愛し方の違いが原因だったことに気づけた」などと好評を得ている。授業でデートした相手と実際に付き合ったカップルもいるという。

同講義を担当するチャン・ジェソク教授は、「最近の20代は就職や未来の心配から、以前と比べて恋愛をする余裕がない。恋愛経験が少なく、異性と健全な関係を築けない学生が少なくない」と指摘。「最近の韓国社会で問題となっている『デートDV』も、愛や恋愛に対する「誤った認識」の影響が大きい。恋愛や結婚について真剣に学ぶことは、健全な恋愛をするのに役立つ」と説明した。

これについて、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。

「東国大学に編入する準備を始めよう」
「実際にカップルになったら、成績は一番高い評価をつけてくれるらしい…」

「いい授業だね。犯罪以外は何でも経験してみないと!」
「教科書では学べないことがたくさんある。こういうのが本当の教育だ」

「韓国ドラマに出てきそうな授業。実際に行っている大学があるなんて!」
「実際に授業を受けたが、受講生は男性の割合の方が多く、男同士のカップルもできる」
「ペアになってくれる相手を見つけられず、単位を落とした」

「恋愛を大学で学んでする時代になったのか…。ちょっと悲しい」
「異性に対する理解を深めても、結局、結婚に必要なのは外見とお金」
「草食男子が多い日本にも導入した方がいいのでは?」(翻訳・編集/堂本)