川崎市が市税流出を訴える中刷り広告キャリコネニュース

川崎市、ふるさと納税による56億円減収に嘆き「制度上に問題が…」

ざっくり言うと

  • 神奈川県川崎市は11月から、JR南武線などで中吊り広告を掲示している
  • ふるさと納税によって「流出」している市税は、市の貴重な財源だと主張
  • 2019年度は56億円の減収となる見込みで、市は制度上の問題を指摘した

ランキング