sony md


カセットテープに続き、往事は一世を風靡したメディアがまた消える。
ソニーは携帯音楽プレーヤー「ウォークマン」のMD(ミニディスク)タイプの出荷を9月で終了すると発表した。
携帯音楽プレーヤーの主流がiPodなどの内蔵メモリータイプにシフトし、MDタイプは販売が落ち込んでいた。今回、唯一残っていた機種「Hi-MDウォークマンMZ-RH1」を最後に、1992年11月に初代の録再機MZ-1と再生専用機MZ-2P登場から販売を続けてきたMDタイプウォークマンの歴史に幕を閉じる。

なお、今後も記録メディアとしてのMD自体や、MD対応のステレオの生産は続けるという。

■関連記事
【扇風機特集】LEDライトやラジオに加えて蚊取り機能まで!必須が詰まった扇風機が発売
ボーナスの使い道は貯蓄!?経済活性化をリードするのはバブル世代
省エネCPUで節電デスクトップを組み上げる【デジ通】
タッチパネルが苦手な人もこれで大丈夫!iPhone用のスライド式キーボードが発売【売れ筋紹介】
【話題】インターネットテレビが定番になる? 米ディスプレイサーチが予測