ダンマリを決め込む巨人のチームリーダー・坂本勇人

写真拡大

 プロ野球巨人・坂本勇人内野手の20代女性への「性加害」に対する批判が、ネット上で収まる気配を見せない。巨人は示談で解決済みとのスタンスを崩しておらず、坂本に出場停止などの処分を下す様子もない。テレビ、新聞の大手メディアは、不気味に思えるほどこの件を一切取り上げず、坂本は連日、グラウンドに立ち続けている。一方、坂本はチーム内では他選手から腫れ物扱い。これまで数々のスキャンダルを乗り越えてきた「鋼のメンタル」も、悪質さが桁違いの今回は話が違うようだ。徐々に“罪深さ”を自覚してきたのか、元NPB球団監督は、「あの報道の直後は3安打して感心するやら、呆れるやらだったが、ここに来て調子は下降線を辿っている。原監督は『もう少し気が出てこないと』と奮起を促したが、さすがにプレーに集中できないのではないか」と分析する。巨人はAクラス入りすればクライマックスシリーズに進み、日本一の可能性さえ残す。しかし、この元監督は、「坂本としては一日も早く“終戦”してほしいのではないか」と四面楚歌でプレーする心中を察した。

ダンマリを決め込む巨人のチームリーダー・坂本勇人

「週刊新潮」では坂本の「かみつき事件」を報じていた

バウアーは不起訴でもMLBが厳罰

 大リーグ機構は今年4月、女性に性的暴行を加えたとして2020年のサイ・ヤング賞投手、ドジャースのトレバー・バウアーに324試合の出場停止処分を科した。MLB担当記者は、バウアーのケースを引き合いに、巨人の対応の甘さを指摘する。

「バウアーは性交渉の際に女性の首を絞めるなどの暴行疑惑が浮上した。女性は告訴したものの不起訴処分になった。それでも、事態を重くみた大リーグ機構は実に2シーズンにわたってプレーさせない厳罰を与えている。現在31歳で選手生命に関わるブランク。坂本は示談が成立しているとはいえ、疑惑ではなく、妊娠・中絶、さらに自殺未遂と加害度ではバウアーよりもはるかに上。これでお咎めなしでは、巨人はもちろん日本プロ野球機構も責任が問われる」

 NPBはMLBのような中央集権化が進んでおらず、こうした処分は各球団の裁量に委ねられてきた。ならば、巨人の責任は重大と言える。

「しかも巨人の親会社は“社会の公器”とされる新聞社。このままでは性加害を容認したも同然」(同)

 それにしても読売新聞、系列のスポーツ報知の2紙以外の大手メディアは、なぜ「坂本問題」を報じないのか。大手紙記者が事情を説明する。

「もともと週刊誌が報じたネタ。どんなネタであれ、追いかけることは二番煎じ。刑事事件なら書かざるを得ないが、そうではない。巨人や坂本が発表なり、声明なりを出せば別だが……。特に、巨人に関するニュースは、ゴシップを得意とする夕刊紙まで日々の紙面に載るため、取材対象への舌鋒が鋭くならない傾向にある。スポーツ紙や一般紙は日々の試合の取材に追われ、グラウンド外でも原監督の去就や、ミスター(長嶋元監督)の病状など扱う話題が多いだけに、坂本の報道は二の次となる」

切り札はファン、ロッテの前例

 スター選手に大甘の巨人やNPB、声を上げない大手メディア――。坂本はこのまま何食わぬ顔でプレーし、来季までほとぼりが冷めるのを待つだけなのか。

 さるロッテ球団職員は、局面を動かす切り札に“ファン”の存在を挙げる。

「ロッテは09年シーズン前に、ボビー(バレンタイン監督)の高額な年俸が球団経営を圧迫していることを理由に、その年限りでの退任を通告した。何とか続投しようとあがいたボビーが頼ったのは、自身を支持する熱狂的なファンだった。ファンのリーダーとは密に連絡を取り、スタンドには球団幹部を誹謗中傷するプラカードが掲げられるなど荒れに荒れた。ファンあってのプロ野球なので、その声は無視できず、社長らは右往左往していた。巨人ファンが坂本の問題に何かアクションを起こせば球団も看過できない。内容次第ではメディアも報道せざるを得ない」

坂本はコロナ禍が不幸中の幸い

 今季は新型コロナウイルスの影響で、声を出しての応援などは禁じられた(9月12日付で声出しエリアの設置は可能に)。巨人の本拠地東京ドームでは、いまだ録音された選手の応援歌が流れている。

「これまで応援ボイコットが目に見える形で出てこないのは、坂本にとって不幸中の幸い。来季は声出しの応援が戻ってくるだろう。例えば、ファンはその時に坂本への意思を示すことができる。味方である巨人ファンの声であれば、(今回の醜聞発覚後に起きた)阪神ファンのブーイングよりは効果的なはずだ」(同)

 さらに、この元職員は応援ボイコットの他に「坂本グッズ」の不買運動にも言及する。

「グッズの売り上げは概ね選手80%、球団20%の相場で分配される。巨人、阪神のレギュラークラスになると、年俸以外にこの肖像権収入だけで数千万円にも上るとみられ、人気の指標になっているため、これが減れば球団、坂本には金銭面以上にダメージになる。女性や子どものファンはもちろん、どれほど坂本が好きでも、そのカネが女遊びに使われると思えば、グッズを買う気も起きないのではないか」
 
 行動せず現状を容認すれば、それは巨人や大手メディアと何ら変わらない。巨人ファンの決起があるかどうか注目される。

デイリー新潮編集部