財務省はこのほど、新500円硬貨を11月1日から発行すると発表した。500円硬貨のデザインの変更は2000年以来、21年ぶり。

○2色3層構造を採用。

新500円硬貨デザイン(出典:財務省Webサイト)

同硬貨は、偽造防止技術として、素材に新規技術の2色3層構造(バイカラー・クラッド)を採用。また、硬貨の縁に、通常貨幣には世界初の採用となる斜めギザの一部を他のギザとは異なる形状にした「異形斜めギザ」を導入しているほか、硬貨の縁の内側に、新たに微細文字で「5 0 0 Y E N」「J A P A N」を加工している。

同硬貨は、2021年度に2億円の発行を予定しており、今後徐々に流通量を増やしていく計画。現行の500円硬貨は、新500円硬貨が発行された後も引き続き使用できる。同省は、「現行の500円硬貨が使えなくなる」といった詐欺行為に注意するよう呼びかけている。