『しくじり先生 俺みたいになるな!!』(テレビ朝日系)に、芸人のマヂカルラブリー(野田クリスタル、村上)が登場し、「思い込みが強すぎた孤高のチャンピオン」としてしくじり授業を行った。

▶︎動画:初対面のオードリー若林に「女抱いてる!?」ノブコブ吉村、若手時代の黒歴史が暴かれる

 番組には“担任役”としてオードリー若林正恭、“生徒役”には平成ノブシコブシ吉村崇、ハライチの澤部佑、アルコ&ピース(平子祐希、酒井健太)、AKB48の横山由依、日向坂46の佐々木久美らが出演。

 「お笑いのセンスは自分で身につけていくべき」という考えからNSCに入ることなく、吉本興業に所属した野田は、NSC出身の芸人らを「学校でお笑いの勉強をしてきたクソだせぇ奴ら」と見下していたという。

 NSC5期生の吉村は「ハッキリ言ったな!ヒシヒシと感じてはいたが!」と怒ると、野田は「吉村さんとかこう……楽屋で大騒ぎしてるんですよ」と暴露。当時は楽屋の電気を急に消して場を盛り上げるなどのお調子者だったが、そんな吉村のことを見下していたとぶっちゃけた。

 すると、昔の吉村を知る若林も参戦。「俺も初対面のとき、大部屋楽屋で遠くから『女抱いてる!?』って言われた」とエピソードを語り、笑いを誘った。

 さらに野田は、10代でテレビ出演を経験していたため、舞台での仕事を舐めていたと告白。劇場に出る際は「テレビから舞台に降りてきている」と、上から目線の感覚だったという。「売れてる芸人がたまに劇場に来る感じあるじゃないですか」というと、村上は「吉村さんでありました」と矛先を吉村に向けた。

 「テレビに破天荒で出たとき、ルミネの若手が出るライブのゲストで来て、もう大暴れ。なんにもウケてない。ただ騒いでるだけ」と貶すと、出演者らは爆笑。吉村は「今後、我々もめるのか?宣戦布告だな?」と身構えた。さらに村上が「ストレス解消にライブを使ってる」とぼやくと、吉村は「それはあるかもしれない」と納得した様子だった。