【動画】「大御所の人ほど俺らの事、漫才って言う」おいでやす小田がマヂカルラブリーにインタビュー

写真拡大

 1月10日、お笑い芸人・おいでやす小田がYouTubeチャンネルに動画を投稿。「M-1グランプリ2020」チャンピオンのマヂカルラブリーの楽屋に突撃した小田が、二人の結成秘話や話題になった漫才論争などについて聞いています。

 おいでやす小田が吉本興業の寄席公演の裏側に潜入して、出演芸人の最近会ったニュースや出来事を聞いている「芸人楽屋ニュース」という企画の第16回目。今回は2020年12月30日に開催された「DAIBAKUSHOW2020」に出演したマヂカルラブリーにインタビューしています。

 楽屋にやってきた小田を早速、イジりながらも「めちゃめちゃ疲れてるやん顔」とツッコまれる野田クリスタル。「休みたいっすね」と正直な心境を吐露する場面もありながら、「R-1」と「M-1」の話に。野田は「おいでやすこが」として「M-1」決勝に進出した小田に対して「侵略ですよ 侵略」と言うも「こっちやないか!先、R-1侵略したの」とツッコまれていました。しかし、「これでおいこがさんが優勝しても俺たちは文句言えないよな」と野田が言っていたと相方の村上が語ると「同じ事を僕たちはしたわけですから」と普段のテレビでは見せないような真面目な一面を見せていました。

 漫才論争について気にしているのか聞かれると、野田は「こんなにM-1の話が続く年ってなかった」「こんだけ皆漫才の事考えてたんだなって改めて、僕は感動しましたね」と言及しました。また、「それこそ大御所の人ほど俺らの事、漫才って言う。もっと変な漫才見たってプライドがあるから」「今日、 (中田)カウス師匠と一緒で『お前らよりひどい漫才いくらでもあったで』って言ってくれて、そりゃそうだよなとは思いましたけどね」と師匠から言われた一言を明かしました。

 さらに、村上が大学生の頃に野田を大学の学園祭に呼んだ話や二人が組んだきっかけ、村上が思った当時の野田への印象やコンビを組んでからも漫才を辞めようと思った話、お互いについてどう思っているか、などの話の詳細は動画でご確認ください。

<◆時間メモ>
※YouTubeページにジャンプします
・マヂカルラブリーの楽屋に突撃するおいでやす小田
・漫才論争について言及するマヂカルラブリー
・お互いの出身地やコンビを組んだきっかけなど
・今後のお笑いライブの告知