虫歯治療後に女児死亡 小児歯科元院長を近く在宅起訴へ

ざっくり言うと

  • 2017年に福岡県で、局所麻酔を使った虫歯治療後に女児が死亡した事件
  • 福岡地検は業務上過失致死罪で小児歯科の元院長を在宅起訴する方針を固めた
  • 元院長は女児の容体を確認したが、救命措置をせず、救急搬送もしなかった

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x