ジャニーズ事務所

写真拡大

ジャニーズ事務所は2020年8月17日、所属する歌手の山下智久さん(35)を一定期間の芸能活動自粛に、KAT-TUNの亀梨和也さん(34)を厳重注意したと発表した。

2人をめぐっては、未成年女性との飲酒疑惑などが週刊誌で報じられ、事務所の対応が注目を集めていた。

「積極的に年齢を偽っていた」

文春オンライン」は2020年8月7日、「山下智久(35)が高級ホテルに女子高生モデル(17)を"持ち帰り" ジャニーズ事務所の回答は......【スクープ撮】」と題した記事を配信した。

山下さんと亀梨さんが未成年の女子高生モデル2人らと酒席をともにし、山下さんはそのモデルの1人と同じホテルに滞在したと報じた。

ファンらからは、「さすがに知らなかったでは済まされない」「これが事実なら厳重に処罰して欲しい」などと数多くの非難を集めていた。

報道から10日後、ジャニーズ事務所は今回の件について見解を発表。2人が前述の未成年者と酒席をともにしたのは事実としつつ、「店内に居合わせた方が積極的に年齢を偽っていた」などと弁明した。しかし、今回の事態を重く見て2人の処分を決めた。同じホテルに宿泊していたことについては、一切触れなかった。

SNS上では「山下さんのホテルの件はスルーされてんの?」「ホテルお持ち帰りは無かったことにされてるのか...」と説明を求める声が上がっている。

発表全文

発表全文は以下の通り。

「弊社所属タレント山下智久・亀梨和也(KAT-TUN)につきましてご報告申し上げます。はじめに、先般からの一部報道により、日頃から応援してくださっているファンの皆様並びにご支援くださっている関係者の皆様にはご心配とご迷惑をおかけしておりますことに加えて、事実確認等のため、ご報告までにお時間をいただくこととなり、心よりお詫び申し上げます。皆様が新型コロナウイルス感染予防対策に努め、自粛の伴う生活を送られている中、このような報道がなされることとなり、誠に申し訳ございません」
「この度の報道を受けまして、直ちに山下・亀梨に事実確認いたしました。 両名が当該飲食店に知人男性と来店した際、この度の報道において未成年とされている方が店内に居合わせたことから、当該飲食店による年齢確認において成人である旨の説明が事前になされた上で紹介されることとなり、さらに両名からもこの紹介された方に対して年齢確認を行っていたことが確認されました。そのため、その方が未成年であるという認識はなく、また、 特段飲酒の有無も把握はしておりませんでしたが、その方を含む来店客と飲食の席を共にしたこと自体につきましては率直に認めております」
「両名は飲食店などの場に未成年の方が居合わせることのないよう平素から意識を働かせていたにもかかわらず今回のような結果を引き起こすこととなった要因の一つしまして、店内に居合わせた方が積極的に年齢を偽っていたことが挙げられるのではないかと認識しております。しかしながら、特に今回は、皆様が継続的に新型コロナウイルスと向き合いながらそれぞれ自主的に制約を設けて生活を送られている状況であったことからすれば、たとえ自治体による酒類を提供する飲食店への時短営業要請下にない時期の出来事であったとしても、自身の置かれた立場に対する自覚と責任に欠けた行動であったと弊社といたしましては重く受け止めております」
「本件におきましては、店内で飲食を共にするに至った方の年齢についてなど、両名ともに払うべき注意を完全に怠っていたとまでは言い切れないものの、前述のような社会情勢におきまして今回のような事態を招いたことにより、皆様にご心配やご迷惑をお掛けしていることは事実でございますので本件の経緯等を踏まえ、両名の意向も確認した上で、山下につきましては、一定期間芸能活動を自粛することとし、亀梨は、厳重注意の上、書面による反省を促してまいります」
「そして、所属事務所といたしましては、長年多くのファンの方々に応援していただき、関係者の皆様にご支援いただいている山下と亀型に起きた出来事であるという事実を真に受け止め、今後の所属 タレントへの指導と監督に生かしてまいります。そして、タレントのみならず社員に対しても適切な 指導とマネジメントに努め、皆様に信頼していただけますよう精進してまいります」
「改めましてこの度は、皆様にご心配とご迷惑をおかけしておりますこと、重ねてお詫び申し上げます」