レジ横で噴霧される謎のミスト(7月27日、都内、撮影:藤倉善郎)

写真拡大

 前回に引き続き、すかいらーくグループが、新型コロナウイルス感染予防対策として、ガスト・バーミヤンなどで行っている狃菌液疂霧についての話を続けていく。

 医師や科学者だけでなく、厚労省や経産省、消費者庁が連名で「空間噴霧」について非推奨とするなど、「空間除菌」については常に否定的な声がつきまとう。そこで、前回記事では筆者はすかいらーくグループで噴霧されている謎の除菌液について、同社広報部へと質問状を送ってみたが、その回答は「弊社では、メーカーによる第三者機関での検査の結果、安全性が確認されているため、店舗内の快適な環境維持のために使用しております」というものであった。

◆すかいらーく側の説明と矛盾する販売サイトの説明

 前回、筆者が店舗の責任者に聞いた、噴霧されている液体の製品名は「アピノンエアー」というものだった。また、6月末にすかいらーくグループお客様相談室へ問い合わせた人物は、同社からの回答では、その成分は問い合わせした人物が指摘した安定化二酸化塩素ではなく、チ・アルキル・アミノ・アリール・スルフォネート還元化水とアピザスを主成分とする爛▲團離Air瓩箸い製品で、人体に有害な次亜塩素酸関連は使用していないと強調していたという。

 そこで筆者はノンチとアピザスを主成分としたアピノンスプレーを入手。そのボトルを確認してみた。すると、〈品名〉には「消臭除菌剤」、〈成分〉として「両性界面活性剤」「抗菌剤(AP-W)」「精製水」と表示されている。
 しかし、経済産業省所管の独立行政法人製品評価技術基盤機構(NITE)が物の表面消毒に有効と認めた計9種類の界面活性剤を含め、空間へ界面活性剤を噴霧することによるウイルス除去効果は確認されていない。
〈参照:News Release|nite〉

 また、アピノンシリーズの専門オンラインショップ『Apinonn』には、前回記事で明らかとなっていたすかいらーくサイドの説明とは相反するような記述があった。

 同ショップサイトでは、前述のように二酸化塩素が主成分のアピノンエアーは「自己責任において加湿器に少量を入れて空間除菌にも使用できます」とあるが、ノンチとアピザスが主成分のアピノンスプレーについては「加湿器に薄めて入れたり、ミストとして空間に噴射して吸っていただくことは出来ません」となっている。〈参照:アピノンスプレー アピノンシリーズ|Apinonn〉

 また、同ショッピングサイトのFAQには以下の内容も掲載されている。

>Q:アピノンスプレーの中身を加湿器に入れて空間除菌に使用しても良いですか。
>アピノンスプレーとアピノンエアーの中身は違います。 アピノンスプレーの中身を空間除菌に使用することはおやめください

  すかいらーくレストランで噴霧されているものと同じはずのノンチとアピザスが主成分のアピノンスプレーは、販売代理店のサイトにおいて犇間噴射瓩禁じられていたのだ。

 そこで、改めてすかいらーく店舗で噴霧しているアピノンAirの主成分の提示、そして空間除菌機器設置についての文言を公式サイトから削除した理由と削除後も噴霧を続けている理由などへの回答を求め、すかいらーくホールディングス広報チームへ質問書を再送信した。

 各チェーンレストラン利用客及び従業員の健康と安全にかかわる事案のため、詳細な回答を求めたが、期限までに返信はなかった。

◆グループ内の別の運営会社サイトも噴霧機器に関する記述を削除

 すかいらーくグループの主だったレストランブランドは株式会社すかいらーくレストランツによって運営されているが、いくつかのブランドは株式会社NILAX(ニラックス)と株式会社トマトアンドアソシエイツが運営している。この両社の公式サイトにおいても、それぞれ7月上旬まで掲載されていた「超音波式消毒ミスト噴霧器の設置」と「店内空間の除菌・抗菌を行う機器を設置し、今後従業員控室にも設置」との文言が削除されていた。