<?php the_title_rss(); ?>

写真拡大 (全2枚)

Telexistence株式会社 (TX)は、小売業界に向けた新しいクラウドロボティクスサービスの提供に向け、日本マイクロソフト株式会社と協業することを4月20日に発表した。両社は、TXが開発を進めているAWP(Augmented Workforce Platform:拡張労働基盤)および、ロボットのクラウド基盤に、日本マイクロソフトのクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」を全面的に採用。店舗での商品陳列や人材採用などの業務を、地理的制約を受けずに可能にする小売業界向けクラウドロボティクスサービスを開発する。

(冒頭の画像は、TXが開発したアバターロボット「MODEL H」の量産型プロトタイプ:参考写真)

■【動画】Telexistence Model H unveil:

●協業による将来的な展開

将来的には、商品陳列業務と決済自動化技術を組み合わせることで、同サービスを通して、人件費の削減や業務効率化を図る他、商品開発などの新たな需要創造につながるよう支援するとのことだ。また、日本マイクロソフトが持つ小売・流通業者とのパートナーネットワークを活用し、実店舗のデジタル化や店舗間のネットワーク化などによるデジタルトランスフォーメーションの推進を支援するとも述べている。

また、マイクロソフトがグローバルで展開するスタートアップ支援の一環として、海外でのTXの事業展開を支援する。主に、中国、米国市場における同社の法人顧客紹介と各地域でのMicrosoft Azureを活用したソリューションの開発に向けた連携を進める予定だ。

(ロボスタ編集部)