<?php the_title_rss(); ?>

写真拡大 (全2枚)

2020年のデジタル音声広告市場は16億円の見通し。2022年以降は急速な市場拡大が進み、2025年には420億円規模に。
株式会社デジタルインファクトは、デジタル音声広告の市場調査を実施し、その結果をまとめて公開した。(画像は同社ホームページから引用)

「調査概要」:
■調査手法
各種公開情報などの収集、訪問によるヒアリング調査
■調査対象
デジタル音声広告関連事業者、ラジオ放送局、広告代理店、
■調査期間
2020年2月〜3月
■調査主体
株式会社デジタルインファクト

●同社はデジタル広告業界を主な領域とする調査機関
デジタルインファクトは1983年設立の市場調査会社「シード・プランニング」のグループ会社として2016年に設立。デジタル広告業界を主な領域とする調査機関だ。日本のデジタル広告業界に関する様々な市場規模を算出している市場調査事業の他、アドテクノ
ロジー領域をテーマにしたWeb メディア「ExchangeWireJAPAN」の運営も行っている。
デジタル音声広告とは、インターネットを通して配信される音声を主軸とした広告。近年、デジタルによるラジオ番組配信サービスや音楽配信サービスの利用が定着し、高機能なワイヤレスイヤホンやスマートスピーカーなどの音声聴取デバイスの普及により、ユーザーによるデジタル音声コンテンツとの接触機会の広がりが見られる。また、法人メディアや・個人を問わず、音声コンテンツを活用した新しい情報発信に対するニーズの高まりにより、ポッドキャストや、近年登場した音声配信サービスなどを介して、新しいコンテンツの流通が始まりつつある。
これらを背景にデジタルテクノロジーを活用した音声による新しいコミュニケーションをすることが出来るデジタル音声広告への注目が高まりつつある。同社では広告主企業が国内向けマーケティング活動において、デジタル音声広告の出稿に支払う費用の年間総額をデジタル音声広告市場と定義し、その市場規模の推計・予測値を算出した。

●2020年のデジタル音声広告市場は16億円の見通し

■デジタル音声広告市場規模推計・予測 2019年〜2025年:


出典:デジタルインファクト調べ
2019年以降、デジタル音声広告の出稿環境の整備が本格的に始まり、広告主がラジオ番組配信サービスや大手音楽配信サービスなどに、より効率的にデジタル音声広告を出稿することが出来るようになった。同時に、媒体社によるデジタル音声広告による収益化環境の整備が進みつつある。
これらを背景に2020年のデジタル音声広告市場規模は前年比229%、16億円となることが見込まれる。2021年以降は、広告主によるブランディングなどを目的にした出稿需要の高まりと大手広告事業者をはじめとする新規参入が進むことにより、市場は急速に拡大することが期待される。
現状はデジタル音声広告の配信先が限られており、幅広いユーザーとのコミュニケーションを求める広告主の需要に応えるために、今後更なる配信先の広がりを求められている。デジタル広告で活用されているテクノロジーと音声によるユーザーとのコミュニケーションとの掛け合わせにより、生み出される広告商品の新しい価値や魅力がさらに実証され、その事例が広がることにより、今後幅広い広告主層による需要が喚起されることが期待される。
また、PCやスマートフォンに限らず、今後幅広く普及が期待されるスマートデバイスや、デジタル化の進展が予想される公共施設をはじめとする様々な場所や場面において、テクノロジーに裏付けされた最適な広告コミュニケーションが広がることにより、2025年のデジタル音声広告市場は420億円規模に達すると予測される。

(ロボスタ編集部)