肌に付けても意味がない?キレイの味方「ビタミンC」の効率的な摂り方とは

写真拡大 (全5枚)

美肌の味方といわれるビタミンCですが、より効果を得られる摂り方については意外と知られていないものです。そこで今回は、ビタミンCの効率的な摂り方をご紹介します。
どうせ摂るなら、効率よく摂取しましょう!

そもそもビタミンCの効果とは
出典:GODMake.

赤ピーマンや芽キャベツなどの野菜や、キウイフルーツやレモンなどの果物に豊富に含まれている「ビタミンC」。そんなビタミンCが美容に効果があると知ってはいても、詳しい効果や効能まで理解している人は少ないのではないでしょうか?

そこでビタミンCの効率的な摂り方を紹介する前に、まずはビタミンCの代表的な効果をチェックしてみましょう!

抗酸化作用

「抗酸化作用」とは、酸化を抑える作用のことです。人は酵素を体内に取り入れてエネルギーを作るのですが、その際に酵素の一部は「活性酵素」となります。この活性酵素は体内に侵入した細菌やウイルスを取り除く働きがあるため、適量であれば細胞を保護する役割を果たします。しかし、過剰に発生してしまうと細胞にダメージを与え、体や肌の老化を進めてしまうのです。

そこで活躍するのがビタミンCです。ビタミンCがもつ抗酸化作用は細胞を活性酵素から守る働きをするため、老化を防いでくれるのです。

シミを防ぐ

シミやそばかすの原因となるメラニンですが、ビタミンCにはすでに作られてしまった黒色メラニンを無色の還元型メラニンへと変化させる作用があります。この作用によってシミが目立たなくなり、これからできるシミを予防してくれます。

コラーゲンの生成を助ける

ビタミンCはコラーゲンを生成する過程で欠かせない栄養素です。ビタミンCが直接原料になっているわけではありませんが、原料のアミノ酸だけではコラーゲンは上手く生成されません。そこで「補酵素」として重要な役割を担っているのです。

ビタミンCは肌に届きにくい?
出典:GODMake.

美容に嬉しい効果が期待できるビタミンCですが、肌に届きにくいビタミンだといわれているのを知っていますか?食事やサプリメントでは肌に十分には届かず、肌に塗るビタミンC(ビタミンC誘導体)もそれを必要とする表皮層や真皮層にはほとんど届かないのだとか……。

しかし、人は体内でビタミンCを作ることはできません。そのため食事・サプリメント・肌に塗るといった方法で摂るしかありませんが、ビタミンC誘導体を配合した化粧品はピリピリとした刺激を感じるケースがあり、その刺激がシミを濃くすることもあるといわれています。つまり、ビタミンCは食事やサプリメントで摂取する必要があるのです。

そうはいっても、食事やサプリメントでは肌には十分に届かないはずですよね……?

ビタミンCの効率的な摂り方3つ
出典:GODMake.

ここからが本題です。ビタミンCは食事やサプリメントでは肌には十分に届かないと説明しましたが、ビタミンCが豊富に含まれた食べ物を工夫して食べることで、効率よく摂ることができるのです!

では、ビタミンCを効率的に摂るには、一体どのようにするべきなのでしょうか?

‐量ずつ摂取する

ビタミンCは水溶性であるため、一度にたくさん摂取しても大抵は尿と一緒に排出されます。それではせっかく摂ったビタミンCが無駄になってしまうので、毎日数回に分けて小まめに摂りましょう。

∨腹時に摂取する

先ほども説明した通り、水溶性のビタミンCの過剰分はすぐに体外に排出されます。空腹時は成分の吸収が速くなるため、フルスピードで吸収したビタミンCは過剰だと判断され、尿と一緒に排出されてしまうのです。

そこでおすすめなのが、満腹時にビタミンCを摂取することです。満腹時は成分をゆっくり吸収するため、すぐに体外に排出されるようなことは起こらないのです。

ビタミンPと一緒に摂取する

ビタミンCは食べ合わせも大事です。とくにビタミンCを安定させる作用のある「ビタミンP」と一緒に摂取すると、摂取効率が高まるといわれています。

ビタミンPが豊富に含まれている食品は、

みかんレモングレープフルーツトマトさくらんぼ蕎麦

などがあります。

このようにビタミンPは柑橘類に多く含まれており、果実部分よりも薄皮や白いすじの部分に豊富に含まれています。

ビタミンCを味方につけよう!
出典:GODMake.

美容に効果があるものの、摂り方には注意が必要なビタミンC。ビタミンC誘導体が配合された化粧品で刺激を感じた人は、ぜひ食事やサプリメントで効率よく摂取してみてはいかがでしょうか?

ビタミンCを味方につけて、美しさと健康を手に入れましょう!