「生中継!サンドウィッチマンの日本全国地引き網クッキング」を復活させるサンドウィッチマンの伊達みきお(左)と富澤たけし

写真拡大

 お笑いコンビ「サンドウィッチマン」が13日放送のフジテレビ「バイキング」(月〜金曜前11・55)に出演。夏休み企画として番組スタート時からの大人気企画「サンドウィッチマンの日本全国地引き網クッキング」の4年ぶりの中継に登場するも、高波で地引き網が行えない“不運”に見舞われた。

 この日は超大型の台風10号が日本列島に接近中。伊達みきお(44)は「地引き網4年ぶりですからね、気合入れていきたいと思います」と気合を入れるも、中継先の神奈川・大磯海岸でも強風と高波に襲われた。

 伊達が「残念ながら波が高くて入り口が閉鎖されてるんです。警備員に交渉中です」とし、富澤たけし(45)は「4年ぶりなんすよ。お願いしますよ!」と警備員にコブラツイストを掛けながら交渉。中止濃厚の中、伊達は「中止はヤダだ!」と訴えた。

 今回の中継目当てに、現地には多くの住民が集結。地元漁師は「台風10号の余波で荒れ狂ってます。きょうは難しい。大変楽しみにしてたんです。残念なんですけど、漁師一同残念がってます。きょうはできません」とキッパリ。そんな漁師に伊達は「帽子汚ねーな」とおなじみの素人イジリを見せつつ「男性陣がロングブレスで台風があっち行けってやってますよ。ちょっとずつ雨雲が動いていてます」とニヤリ。富澤は「できないっすけど、別の方法を考えてます」と期待をあおった。結局、浜には入れず、地引き網漁は断念。大磯港へ移動し、クッキング中継を行うことになった。

 2014年4月の番組放送開始からスタートした伝説の企画で、2015年8月4日の放送以来、約4年ぶりの復活サンドウィッチマンの2人が素人を相手になかば傍若無人な振る舞いを見せ人気を博した。