<?php the_title_rss(); ?>

写真拡大 (全2枚)

UNESCO(ユネスコ:国際連合教育科学文化機関) が音声アシスタントのデフォルトの声が女性であることはジェンダーの偏りを強めると主張する報告書を発表した。

報告書では、Apple Siriを筆頭に、Amazon Alexa、Google Assistant、Microsoft Cortanaに対してデフォルトの声が女性であることは、支援の役割を果たすのは女性であるというジェンダーバイアスを強化してしまうとして問題視している。

たしかに各社の音声アシスタントのキャラクターが女性ばかりであることは不自然だ。セットアップ後に声を変更できるアシスタントも増えているが、初期設定時にアシスタントの性別を選んでから使うようにするべきなのかもしれない。

他の議論としては、そもそもアシスタントに性別を持たせないというジェンダーレスボイスという考え方も登場している。

音声アシスタントとジェンダー論は、登場時にはそれほど考慮されていなかった議論だが、普及が進んだいま真剣に考える時期にきているように思う。

Source:UNESCO

(中橋 義博)