世界で活躍するアーティストたちの「ドラえもん」が集結!六本木で「THE ドラえもん展 TOKYO 2017」

写真拡大 (全4枚)

1970年に誕生して以来、国民的な人気キャラクターとして、日本中にたくさんの夢を届けてくれたドラえもん。誰もが一度は、「ドラえもんがいたらなぁ」と思ったことがあるはず。そこで、いま、世界を舞台に活躍するアーティストたちに、「あなたのドラえもんをつくってください」とお願いして実現した展覧会が、六本木で開催されるそう。日本を代表するアーティストたちの、アートなドラえもんに会いに行こう。

◆現代アートの精鋭たちがさまざまな技法で「誰も見たことのないドラえもん」を制作

2017年11月1日(水)から2018年1月8日(月・祝)まで、六本木の森アーツセンターギャラリーでは、「THE ドラえもん展 TOKYO 2017」を開催。国内外で活躍する28組のアーティストたちが集まって、それぞれの「ドラえもん」への思いが詰まった、世界でひとつだけのアート作品を発表する。

参加アーティストのラインナップについては美術史家の山下祐二さんが監修し、世界的に活躍するアーティストの村上隆さんをはじめ、近年めざましい成長を遂げた現代アーティストを揃えたそう。28組のアーティストが、それぞれに絵画、彫刻、写真、書道など、さまざまな技法で新作アートを制作して、オリジナルの「誰も見たことのないドラえもん」を発表することに。

村上隆 出展作品 「あんなこといいな 出来たらいいな」(C)2017 Takashi Murakami/Kaikai Kiki Co., Ltd. All Rights Reserved.(C)Fujiko-Pro

写真の作品は、村上隆さんの作品「あんなこといいな 出来たらいいな」。このほかにも、「カワイイ文化」を発信するアーティスト・増田セバスチャンさんの高さ2.3mという巨大でカラフルなぬいぐるみや、高さ1.8mのドラえもんの彫刻にプロジェクションマッピングを使って外と中を表現した彫刻家・西尾康之さんの作品、漆でできた巨大な「タイム風呂敷」を出展する漆造形家の渡邊希さんなど、さまざま。

また、アーティストのコイケジュンコさんと森村泰昌さんは、原作マンガから発想した紙のドレスを共作。CMで話題になった黒板アーティストのれなれなさんは、映画ドラえもんのシーンを劇的に描くという。どの作品も、アーティストたちの思い入れが感じられて、まさに「ドラえもん世代」のアートと言えそう。

◆ほぼ撮影可能!15年ぶりの開催で当時の参加アーティストの作品も一緒に楽しめる

「THE ドラえもん展」は2002年にも開催されていて、今年は15年ぶりなのだとか。村上隆さんをはじめ、美術家の奈良美智さん、写真家・映画監督の蜷川実花さん、画家・福田美蘭さん、アーティストの森村泰昌さんの5組は、前回から引き続きの参加となる。今回は15年前の作品も合わせて展示されるそうなので、15年の時を経て新旧の作品を見比べるのも面白い。写真は、前回出展された村上隆さんの作品。

「ほぼ全作品が撮影可能ですので、2002年当時にはなかったSNSを利用するなど、新たな楽しみ方ができると思います」と、広報担当者さん。懐かしくて、新しい、世界に一つだけのドラえもんアートを満喫して。

前回「THE ドラえもん展」村上隆 出展作品「ぼくと弟とドラえもんとの夏休み」(2002年)(C)Fujiko-pro & Takashi Murakami / Kaikai Kiki 2002

【注意事項】
プレゼントにご応募される前に、下記【プレゼント応募条件】【当選者への通知・お願いについて】をよくお読みいただき、同意のうえ、ご応募いただきますようお願い申し上げます。
【プレゼント応募条件】
Twitterアカウントをお持ちでない方は、Twitterサイトにてアカウントを作成してください。なお、応募受付の確認、当選・落選についてのご質問は受け付けていません。
【当選者への通知・お願いについて】
OZmallより当選者の方には、Twitterのダイレクトメッセージ(DM)でご連絡をさせていただき、プレゼントの発送先に関する個人情報をご登録いただきます。DM内に記載の期間中に、個人情報のご登録をいただけない場合は当選を無効とさせていただきます。
※当選の権利を他人へ譲渡、あるいは換金することはできません。フォーム記入には会員登録(無料)が必要となります。ご了承ください。

TEL.03-5777-8600(ハローダイヤル 8:00〜22:00)
東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー52F 森アーツセンターギャラリー
アクセス:東京メトロ日比谷線「六本木駅」1C出口よりコンコースにて直結、都営地下鉄 大江戸線「六本木駅」3出口より徒歩4分・「麻布十番駅」7出口より徒歩5分、東京メトロ 南北線「麻布十番駅」4出口より徒歩8分

会期:2017年11月1日(水)〜2018年1月8日(月・祝)
開館時間:10:00〜20:00(火曜は17:00まで・入館は閉館の30分前まで)
※会期中は無休
<チケット>
観覧料(前売):一般1800円(1600円)、中学生・高校生1400円(1200円)、4歳〜小学生800円(600円)
※前売り券販売期間は10月31日(火)まで
スペシャルチケット:「ドラえもんフィギュアセット券」2400円(ブルー・ピンク各色限定3000枚、なくなり次第終了)、「村上隆 オリジナルクリアファイル セット券」1800円、「Tチケット限定オリジナルマルシェバッグ付きチケット」一般2880円(2680円)、中学生・高校生2480円(2280円)、4歳〜小学生1880円(1680円)、「川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム」セット券 一般2500円、中学生・高校生1800円、4歳〜小学生1000円

NAOKO YOSHIDA (はちどり)

◆アート、ミュージカル、クラシック…特別な1日を約束する“東京体験”をチェック

舞台、ミュージカル、歌舞伎、クラシック、アート…さまざまなエンターテインメントがあふれている東京。でも、なかなか経験する機会がない人も多いのでは? オズモールの東京体験では、観劇や鑑賞のレストラン付きプラン、お土産付きの観劇チケットなど “いい1日”が過ごせる、とっておきのプランをラインナップ。ぜひチェックしてみて。