ピース・又吉直樹

写真拡大

4日放送の「ダウンタウンなう」(フジテレビ系)で、ピース又吉直樹が、コンビ結成当時に綾部祐二が放った「痛い」発言を暴露する場面があった。

番組では「本音でハシゴ酒 in 蒲田」と題し、ダウンタウンと坂上忍、そして足立梨花が、東京・蒲田でゲストと酒を飲みながら、本音のトークを交わした。

1軒目の店では、ピースのふたりがゲストとして登場した。ハリウッドでの成功を夢見て、渡米を発表した綾部だが、渡米の決意を又吉に報告する際「予定通りアメリカで勝負するわ」と言ったのだとか。

この綾部の一言にほかの出演者は大ウケ。その後、又吉が「綾部は良い意味で『痛さ』があるんですよ、昔から」「スターに憧れるとこがありまして…」と綾部の素顔を語ると、松本人志も「わかるわかる、そこのハート強いよな」と称賛。

さらに又吉は、綾部とコンビ結成当時、綾部に連れられて、恵比寿のオシャレな建物の最上階に行き、街の夜景を見たときのエピソードを披露した。

夜景を見ながら綾部は、又吉に向かって「おい、見ろ!この風景で見えるすべての人が、(明石家)さんまさんとかダウンタウンさんのことを知ってるんだぞ!?」と熱く語ったのだという。

そんな綾部に、又吉は「そのとき『こいつ、マジで痛いな』と、思って」と当時の心中を明かして、大きな笑いを誘った。

松本が「言わずもがな…」と思い込みの激しい綾部に呆れる中、又吉は「僕が一気に、モチベーションが上がると思ったんでしょう。それを、本当に思っちゃうんで」と、綾部の実直ぶりを語っていた。

【関連記事】
有吉弘行がピース・綾部祐二の米国行きにエール「大暴れしてほしい」
ピース・綾部祐二の米国挑戦を予言していた芸人
綾部祐二がNYに拠点を移す舞台裏 よしもと社長に直談判