セリーナ・ウイリアムズ / ウィンブルドン

両足ともテーピングだらけのセリーナ。第2セット、左足ふくらはぎの痙攣で動けない状態に陥ったセリーナだったが「棄権するなんてあり得ない」と執念でコートに戻ってきた (Photo/H.MANO) 『ウィンブルドン /女子シングルス4回戦』 セリーナ・ウイリアムズ(アメリカ) 2−1【6-2、6-7、6-2】 ダニエラ・ハンチュコバ (スロバキア) [2007年7月2日、ロンドン]

ランキング