瀬古利彦氏

写真拡大

22日放送のバラエティ番組「ブラマヨとゆかいな仲間たち アツアツっ!」(テレビ朝日)で、元マラソン選手の瀬古利彦氏が、マラソン大会のトイレ事情を暴露した。

この番組は、ブラックマヨネーズの小杉竜一と吉田敬がゲストを呼んで、トークを盛り上げるというもの。今回は瀬古氏がゲストとして登場した。瀬古氏といえば、現役時代、数々のマラソン大会で優勝を総ナメにしたカリスマ的存在である。

瀬古氏によると、マラソンは体が揺れるため、小便だけでなく大便も、生理的にもよおしてしまう場合があるという。「私と一緒に走っていた選手が、途中でぶぶぶぶーって…」と切り出し、選手は順位を落とさないために走りながら用を足していることを明かした。

ブラマヨのふたりは、この事実に驚愕。瀬古は「垂れ流しですよ」とさらっと語り、2012年のロンドン五輪でも、ある選手が走りながら用を足していたことを告白。小杉が「中継で映してないだけなんだ!」と述べると、瀬古は「映してない。我々が見ているモニターでやってました。有名な選手が」とウラ話をぶっちゃけた。

そんな瀬古は現役時代、走りながら用を足すことがないように、スタートの10分ほど前までトイレに入っていたという。「出ないと(レース中に)大変なことになるから」「(出ないときは)指で浣腸(かんちょう)して、カーッと出すんです」と話し、ブラマヨのふたりをさらに驚かせていた。

【関連記事】
浅田舞が持論を展開 「アスリート女子って、基本的に肉食じゃないとやってけない」
古閑美保の出演番組で青学陸上部・原監督が「ダルビッシュ」発言
番組復帰した磯野貴理子が珍発言連発「女子アナは年取ってくると終わりみたいな」