27日、韓国メディアによると、日韓文化研究所の金文吉所長が、「日本の元歴史教師が、独島が韓国領であると証明する内容の著書を出版した」と明らかにした。韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。写真はソウルの地下鉄構内にある竹島模型。

写真拡大

2014年11月27日、韓国・聯合ニュースによると、日韓文化研究所の金文吉(キム・ムンギル)所長が、「元歴史教師の久保井規夫さんが、独島(日本名:竹島)が韓国領であると証明する資料を多数収めた著書を出版した」ことを明らかにした。

【その他の写真】

金所長は、「著書の中で久保井さんは、独島問題は歴史の問題だと主張している。著書に掲載されている史料や古地図を見ると、ほとんどの史料が、独島は韓国領だということを証明している」と述べた。

これを受け、韓国のネットユーザーは以下のようなコメントを寄せている。

「日本政府は悪あがきはやめて、早く韓国の土地だと認めなよ」
「日本が世界の笑い者になる日は近そうだ」

「そんなことは周知の事実。日本人として『申し訳ない』と思っているのなら、独島よりも対馬が韓国の土地だという証拠を探してほしい」
「独島が韓国の土地だという証拠がこんなにあるのに、『日本の土地だ』と主張できる日本を尊敬する」

「韓国で発表するんじゃなくて、世界に向けて発表して」
「国際司法裁判所で争おう。韓国の勝利は明らかだ」

「証拠はそろった。でも、主張してくれる政府がいない」
「安倍首相が駄々をこねているだけで、日本人の多くは独島を韓国の土地だと思っているんじゃないかな?」(翻訳・編集/篠田)