異性から好感度が上がる習い事

写真拡大

 女性も独身時代が長くなれば、何とか自分をもっとレベルアップさせたい、と色々な自己投資をしておくのもいい経験です。

のめりこみすぎはNG

でも、どんな教室に通っているかによって女性らしさが試されているというのも事実。男性に話して引かれてしまうような習い事をしないように、好感度の上がる習い事をご紹介します。今後の生活にも活かして、男性受けもいい習い事をしている女性こそが、女性のモテテクを使って男性をゲットしています。習い頃を始めるときには色々ありすぎて何を始めたいかわからなくなってしまいますが、男性から見た自分を考えて選ぶと、案外見つけやすいでしょう。

ヨガ教室
 女子らしいボディを保つ努力をしているというアピールにもなります。運動をしてきちんと自分の体型を管理できている女性というのは、結婚しても頼りになりそうで男性も結婚相手として選びたくなります。ダラダラと太ってしまった女性を見ると、男性は自分の体型すら管理できないなんて、と幻滅してしまいます。やはり家庭を任せておけるかどうかをそこで無意識に判断しているのでしょう。体型管理と家計管理、どちらも男性からしてみると同じよう感じるのでしょう。ヨガは女性らしい運動の象徴でもあります。心も整えて、身体だけでなく女性としての自分がより魅力的になるので、男性からのアプローチも増えるでしょう。ただ、ヨガにのめりこみすぎているとちょっと怖いと言われやすいです。毎日2時間!スタジオでみっちりというよりは、自宅で朝15分夜15分、休日にはスタジオに通っている、ぐらいが適度です。

◆料理教室
 女性は料理ができる、それが男性にとってのイメージです。料理ができない女性も多いですが、結婚への道のりへの基本中の基本だと考えてください。恋愛心理学的にも、家庭的な一面があると結婚を意識するものだといわれているので、料理ができるかできないかでは結婚までステップアップできる女性として見てもらえるかどうかの判断材料になります。元々できるというスキルがあればいいのですが、なかなかそうはいきません。でも、決して諦めないでください。出来なかった分今頑張って勉強をしているという姿勢を見せるのも効果的です。料理教室に通っていれば、今度成果をみせてあげるといってお家で料理を作って一緒に食べていれば、まるで新婚のような気分が味わえます。男性側も勝手に気分を盛り上げていってくれるので、料理教室は男性との関係性を深めるためにもいい習い事です。

Written by Gow! Magazine編集部
Photo by RelaxingMusic