元陸上競技選手で現在はスポーツコメンテーターとしても活動する為末大(ためすえだい)氏が、Twitterでユーザーと討論になる一幕があった。

事の発端は、6月30日に投稿したツイート。

為末氏は、なぜ日本代表に対して、罵倒にも近い批判が許されるのかが気になっているようだ。

さまざまな意見が為末氏のもとへ寄せられる中、あるユーザーから「結果出してからいえぼけ」と、敗退した日本代表を罵倒するかのようなリプライが飛んだ。

これに対し為末氏は「言いにくい事ですが、人生の結果からいえばおそらくはほとんどの方の人生より今回の日本代表の選手達の方が、結果を出されているように思います」と投稿。


為末氏のツイートに対して、人生に優劣をつけることに異議を唱えるコメントや、そもそも人生の話をしていた訳ではないのではないかという疑問も寄せられ、議論はさらに白熱することとなった。

最終的に、為末氏はユーザーから寄せられた「プロスポーツは商業的エンターテイメントである」から、批判や罵倒が許されるという意見に共感したようだ。



【関連記事】
為末大氏と茂木健一郎氏、乙武氏のエイプリルフールにひっかかる
日本オリンピック委員会の「メダルかじり」禁止に、為末大氏が異論
元NHKスポーツキャスター・東海由紀子氏が、一部Twitterユーザーに挑発的な投稿 「アニメアイコンで変ちくりんなハンドルネームの人でまともな意見見たことない」