1928年に発売された『キリンレモン』は間もなく発売90周年。キリンビバレッジはこのタイミングで同製品をリニューアルし、2018年4月10日に発売する。ラベルにはビール製品などでおなじみの「聖獣マーク」(キリンのマーク)を久々に復活させるという。

【詳細】他の写真はこちら



大きく「聖獣マーク」があしらわれたボトルは、シルエットそのものを瓶に見立てたデザインに。誕生時のこだわりのひとつであったという「無色透明の瓶」を踏襲し、透明感と爽やかさ、そしてものづくりへの本気感が伝わるよう意図しているのだそう。



また、90周年を記念し、発売時には復刻版『キリンレモン』と新しい『キリンレモン』の飲み比べセットが1万人に当たるキャンペーンが実施される予定だ。実はリニューアル版を試飲した限りでは、はっきりとした違いを実感できなかったため、個人的にもぜひ飲み比べに挑戦してみたい。

ちなみに人工甘味料/着色料/保存料不使用なのも、初代キリンレモン誕生時からのこだわりが継承されているポイントだ。



新『キリンレモン』のラインナップは写真の450mlペットボトル(140円)のほかに、1.5L PET(320円)、500ml缶(130円)、350ml缶(115円)、190ml缶(80円:価格はいずれも消費税別の希望小売価格)となり、全国で販売されることになる。なお、発売にあわせてあの「キリンレモンのうた」も現代風にアレンジされるとのこと。懐かしくも新しいメロディに乗せ、日本を代表するロングセラー炭酸飲料がそのイメージを刷新するというわけだ。

関連サイト



キリンビバレッジによるプレスリリース(PR TIMES)

キリンレモン

text渡辺 "d." 大輔(編集部)