「ドキッとした」タクシーの運転手が小林麻耶にかけた言葉

写真拡大

2017年6月22日、元フリーアナウンサー・キャスターの小林麻央さんがこの世を去りました。

姉である小林麻耶さんの悲しみは、想像に代えがたいものだったでしょう。

9月5日に更新されたブログで、妹の納骨を終えたことを報告。さらに翌日には、ファンからのコメントに感謝を述べ、「1度きりの人生なのでなりたい自分になる」と前向きな言葉をつづっていました。

9月16日のブログでは、さらに明るい投稿がありました。それは、タクシーの運転手の言葉に「ドキッとした」という出来事です。

麻耶さんが乗ったタクシーの運転手は、こう語ったのだそうです。

『人を幸せにしたいならね、
まずは自分が幸せになるんだよ』

『自分をたくさん 褒めるんだよ』

小林麻耶オフィシャルブログ ーより引用

運転手は、乗客が麻耶さんだと知ってこう語ったのかどうかは分かりません。

自分よりも何よりも、大事な妹・麻央さんのために力を尽くしてきた麻耶さん。人を思う気持ちが人一倍強い彼女に、運転手の言葉は強く響いたようです。

運転手は続けて、こう語ります。

『俺はね、76歳で、
初めてその生き方を知った。
今までは、人のため人のためと思って
自分は二の次だったけれど、
人を幸せにしたいなら、
まずは、自分からなんだと。

76年生きてきて
初めて知ったんだよ。
そんな生き方があることを!

だから、
今、考え方を変えて、
今、生きた方を、変えてるんだ。』

小林麻耶オフィシャルブログ ーより引用

76歳になっても、「いま生きかたを変える」ことができる…それは、若者にとって心強い言葉です。

麻耶さんは運転手から「キラキラしたオーラ」を感じたそうです。

自分の世界を創り始めた人の
輝きは、すごい!

人生、いつでも、どこからでも
どんなときも、変えられますね!!

小林麻耶オフィシャルブログ ーより引用

麻耶さんの投稿には「素敵な言葉のおすそ分けをありがとうございます」「その通りですね、まず自分が幸せにならないと!」と、多くのコメントが寄せられています。

なりたい自分への歩みを始めた彼女の背中を後押しするように、優しい風が吹いているようです。

[文・構成/grape編集部]