Amazonは、Instagramなどの写真共有SNS風のサービス「Spark」をプライム有料会員向けに公開しました。興味のある分野のユーザーをフォローし、投稿された写真に写った商品をAmazonで購入可能です。

関心分野の写真から買い物が可能

Sparkは、自分の関心分野を登録しておくと、対応するテーマで投稿された写真が表示され、写真に写った商品をAmazonから購入できる、SNSの要素を取り入れたサービスです。
 

 
ユーザーどうしのコミュニティを形成し、同じ分野に関心を持つ他のユーザーたちとアドバイスをやり取りすることもできます。
 

 
投稿した内容はSparkのユーザー全員からみられる公開状態となりますが、過去の購入履歴などは公開されません。
 

現在、アメリカのiPhone用Amazonアプリから利用可能

Sparkは、アメリカのAmazonプライム会員向けに公開されており、Amazon公式アプリから利用可能です。本稿執筆時点では、日本を含むその他の国での公開予定については明らかにされていません。
 

 
対応しているのはアメリカのiPhone版Amazonアプリのみで、Android版は後日公開予定と案内されています。

Amazon独自のメッセージングアプリ「Anytime」とは別物か

Amazonは最近、独自のメッセージングアプリ「Anytime」について顧客向けに調査を行っていることが分かっています。
 
SparkにSNS的サービスが含まれていますが、先に報じられたAnytimeの内容とは異なっており、別途サービス提供に向けた準備が進められていると考えられます。

 
 
Source:Amazon via TechCrunch
(hato)