25日放送の「明石家サンタの史上最大のクリスマスプレゼントショー 2016」(フジテレビ系)で、リオ五輪に出場した選手の元カレが、不幸話を披露した。

聖夜に視聴者が今年の不幸話を披露し、豪華賞品を獲得できるクリスマス恒例の番組。番組中盤に出演した大阪在住の35歳男性は、リオ五輪出場選手と付き合っていたことを明かすと「日本帰ってきたら別れてしもうたんですよ」と寂しそうに話した。

男性によると、恋人が五輪で頑張る姿に感動し結婚したいとまで思っていたとのこと。ところが、彼女が帰国すると五輪の成績が良くなかったことから「次の東京五輪に向けて彼氏がいる場合じゃない」という理由でフラれてしまったというのだ。

さんまはこの話に驚きつつ「『彼氏がいるから私はメダルに届かなかったって』ことになったのか」と尋ねると、男性は「そんな感じですね」と答えた。

男性は、元恋人の種目について聞かれると迷いつつも「女子バレー」だと白状する。すると、さんまは真顔になり「お前、それ、絞れてまうぞ…」「まさか女子バレーだとは思わんかった」と唖然。

さらに、さんまが「いったん別れて集中して次の東京五輪を目指すのか。なら、(選手は)まだ若いんか」と尋ねると、男性は「そうですね」と苦笑し、「4年後、明石家サンタに出れるよう頑張りますわ」と話していた。

【関連記事】
明石家さんまが週刊誌に悪く書かれない理由を元週刊文春記者が解説
明石家さんまがスタッフに激怒した過去 共演者も「怒ったの初めて見た」
明石家さんま司会の五輪特番で卓球・平野早矢香がまさかの失言 「放送事故だ」とネット掲示板騒然