「ホットケーキ」(650円)※提供は14時以降の入店から可能

生クリームたっぷりのパンケーキはもう古い! 今は昔懐かしい味わいのホットケーキが人気に火がついている。

分厚いホットケーキを口いっぱいにほおばりたくなったら『自家焙煎珈琲みじんこ』へ足を運ぼう。こちらの名物は、自家焙煎珈琲に合うシンプルなスイーツとして、オーナーの長戸努氏が考案した「厚焼きホットケーキ」。

美しい焼き目、重厚な迫力、その美味しさに、テーブルに届くたびお客様の歓声があがるという、噂のホットケーキの美味しさの訳を伺った。



ホットケーキとの相性も抜群の「みじんこオリジナルブレンド」(500円)は、3種類から好みの味を選べる。
銅板で丁寧に焼き上げたパーフェクトな美しさ!

スペシャルティ珈琲を自家焙煎で提供する『自家焙煎珈琲みじんこ』。珈琲に合う食事にこだわり、シンプルでありながらビジュアルでインパクトを持たせたいと、考案したメニューが揃う。

なかでも14時入店から注文可能となる「ホットケーキ」が人気の看板メニュー。

まず目を惹くのは、その美しい焼き目。銅板で丁寧に焼き上げることで生み出される均一な焼き色は、完璧な美しさで食べるのがもったいないほど。



カナダ産のピュアなメープルシロップを使用。
バターの香りとふんわり食感が堪らない

まずはそのままひと口頬張ると、バターの香りが一気に口に広がる。これは焼く前の生地にもバターを混ぜ込んでいること、そして焼き上がった直後に溶かしバターを表面に塗っていることで生み出されている。熱々の状態で、バターを塗ることで生地にしっかりとバターの風味が立ち、一層美味しくいただけるという。メープルシロップはお好みで。

また、ふわふわとした食感も特徴だ。生地にヨーグルトを混ぜることと、空気を含ませながら丁寧に生地を混ぜていくことがポイント。



ホットケーキは、厚さ約3僉直径10僂2枚でもペロリと食べきれる。
一番美味しい状態で提供するための工夫

「ホットケーキ」はオーダーが入ってから生地を混ぜ合わせ焼き上げるため、注文から提供まで20分ほどを要する。これはなるべく一番美味しい状態のホットケーキを味わって欲しいという『自家焙煎珈琲みじんこ』のこだわりでもある。

クセがなく誰でも飲みやすい味をイメージしてブレンドされた「みじんこオリジナルブレンド」を楽しみながらホットケーキの完成を待とう。


絶品のハンバーグサンドも必食!



「牛粗挽きハンバーグサンド」(800円)
ランチなら牛100%の贅沢ハンバーグサンドがおすすめ

スイーツメニューの他にも、珈琲に合わせて考え抜かれた食事メニューが充実。おすすめはホットサンドだ。「レモンのサラダチキンとブラックオリーブソースサンド」など全6種類が揃い、なかでもイチ押しは「牛粗挽きハンバーグサンド」。
店で牛肉を叩いてミンチにし、つなぎを一切使用しない牛肉100%のハンバーグは、ジューシーで、しっかりとした肉の食感と香りを存分に楽しむことができる。

トマト、玉ねぎ、レタスといった野菜のシャキシャキとしたフレッシュな食感も、アメリカ産牛肉のガツンとした美味しさを引き立ている。
セロリシードやワインビネガーなどでさっぱりと仕上げた自家製のポテトサラダは、サンドイッチとの相性も良く、食事のリズムを整えてくれる名脇役だ。



全27席。「ホットケーキ」が目当てなら14時以降に来店しよう。

店内は、スタイリッシュで大人が寛げる空間に仕上げられている。



ユニークな店名「みじんこ」はインパクトを考えて付けられたそう。

そんな落ち着いた雰囲気の中、自家焙煎珈琲と、その味を引き立てる「ホットケーキ」や「ホットサンド」を味わう午後のひと時は、最高の贅沢と言えるだろう。